スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアの症状と治療法について


鼠径ヘルニアは、一般に脱腸と呼ばれるものです。小児では、先天性の外鼠径ヘルニアがほとんどで、男児は女児の凡そ倍発生します。鼠径ヘルニアは小児がかかる病気というイメージがありますが、成人になって罹る人も多く、特に中高年に多く見られます。


症状としては、小児の場合、鼠径部(足のつけね)の不快感や軽い痛みを訴えることがあり、陰嚢部がはれているのに気づくことが多いです。ヘルニア内に腸管や大綱が多量に脱出した状態になってくると、つれるような痛みが起こります。


成人の場合は、鼠径部(足のつけね)や陰嚢部に、立ち上がったり歩いたりする時、入浴の時などに、ピンポン球程のやわらかい膨らみに気付きます。押し返すと元に戻る為、放置しているケースも多く、膨らみが大きくなるにつれ軽い痛みを感じるようになります。


膨らみを押しても元に戻らない状態にまでなると、痛みもひどくなり、歩くこと自体が辛くなります。飛び出した腸が詰まった状態になると腹膜炎や腸閉塞を起こす事もあるので、早めの治療が必要です。


治療は、安静にしていたり薬を使用しても完治しないので、手術が必要になります。小児の場合、鼠径ヘルニアと診断されたら、できるだけ早く手術を受ける事が大切で、生後3ヶ月を超えていれば、安全に根治手術ができます。


成人、高齢者の鼠径ヘルニアの場合、飛び出してこないようにするする為の手術が行われます。人工補強材で穴を塞ぐ方法が、現在の主流になっています。再発しないよう、ポリプロビレンのメッシュ(人口の膜)を使用することがあります。


小児も成人の場合も現在では、内視鏡手術が可能になっています。





 

鼠径ヘルニアの症状と治療法について


鼠径ヘルニアは、一般的にな脱腸と呼ばれる疾患です。ラテン語ではヘルニアは飛び出す等と訳されていますが、腹膜や腸の臓器などが本来あるべき場所から、飛び出ている状態を言います。太ももの付け根の皮膚下へ飛び出てくるのが鼠径ヘルニアです。


主な原因は、鼠径管が老化から緩んでくる為で、身体の構造の違いから女性より男性に多く見られますます。腹部と鼠径部に重力の作用により力が加わる結果として現れてくる状態の為、個人差はあっても誰にでも起こる可能性があります。


立ち仕事の多い人や太り気味の人は腹圧がかかるので発症しやすくなります、スポーツ選手などで、身体を酷使する事から無理な腹圧が鼠径部にかかりヘルニアを起こすことがあります。


腸が飛び出ている部分が隆起してくると、違和感や不快感で気づくことが多く。進行するば、痛みも生じてきます。鼠径ヘルニアは、突然飛び出してくるわけではなく、ある程度の期間を経て徐々に膨らんできます。


飛び出した腸が元に戻る状態であれば、身体の動きに違和感を感じる程度で、直接生命の危機に関係しませんが。飛び出た腸がはまりこんで戻らなくなるという状態になっていると血流不全から生命の危険を招く恐れが出てきます。


鼠径ヘルニアの治療法は手術になります。薬で治すことができません。ヘルニアバンド呼ばれる医療器具を縮めて、飛び出ているヶ所を押さえる治療もありますが、一時凌ぎで根本的な改善にはつながりません。


パッシーニ法は、以前から行われている手術法で、飛び出ている部分を切除して、周囲にある筋肉や筋を使って、再度飛び出さないようにする手術です。現在では、日帰り可能な、人工の膜を使って穴を塞ぎ、腸が飛び出てこないようにする手術法が主流になっています。





 

鼠径ヘルニアの原因と治療について


鼠径ヘルニアは、小腸や大腸などが鼠蹊部からはみ出て膨らんでくる疾患です。放置したままにしていると膨らみは、さらに大きくなっていきます。初期の頃は、痛みなどはありませんが、大きく膨らんでくると痛みを発するようになります。


鼠径ヘルニアの原因は、ハッキリとしていませんが、現在、考えられているのが腹壁の筋肉が、老化により、減ってきたり、筋膜の弾力性が弱まったりすることで、弱まった腹壁のカ所から腸がはみ出てきやすくなります。


普段から腹圧が常時かかるような仕事をしている人は、小腸や大腸が、はみ出しやすい状態にあると言えます。子供の場合は、自然に回復する場合もありますが、大人の場合は、自然と良くなることはなく、膨らんだ状態を見つけたら、医療機関での診断が必要です。


鼠径ヘルニアの治療は、手術が行われます。はみ出ている腸などを腹腔に返した後に塞ぐ処置がとられます。手術には、切開法と腹腔鏡法があります。日本での手術は、主に切開法になります。


手術の時間は、凡そ3〜40分程で、入院の期間は、3日程度、人により、入院を必要としないケースもあります。治療後、すぐに歩行することも可能です。但し、重いものを持つなどお腹に力が入ることなどは、10日程経過してから、徐々に慣らしていく必要があります。





 

鼠径ヘルニアの症状と治療法について


鼠径ヘルニアは、小腸等が太もものつけ根の筋膜から皮膚の下部の方にでてくる疾患です。以前は、脱腸と呼ばれていました。又、カラダの表面ヶ所に膨らんでいる状態が確認されたりする事もあります。


子どもに発症しやすいとされていて、生まれつきの症状として現れる場合も多いです。鼠径ヘルニアは、先天性の外鼠径ヘルニアです。男の児の方が、女の児よりも凡そ3倍ほど多い傾向があります。


大人のヘルニアは、長い時間立ち仕事をする仕事をしている人や踏ん張る仕事をする人に鼠径ヘルニアは起こりやすいようです。又、60歳を超えている人では、外鼠径ヘルニアも多くなります。


子どもは、泣いた時、お風呂の入れた時、おむつを替える時などに、鼠径部または陰嚢部が腫れた状態に気付く事が多いです。ヘルニア嚢内に腸管や大綱が多量に脱出すると、つれるような痛みを起こし、激しく泣くようになります。


大人になって、後天的に発病したものは鼠径部、陰嚢部に、起立したり、歩行したりする時、お風呂に入った時などに、柔らかい腫瘤が接触しますが、横になると腫瘤が、現れにくくなります。


鼠径ヘルニアでは、特に子どもの場合は、なるべく早急に手術を行って治療を済ませておく必要があります。生まれてから3ヶ月位すると、根治するための手術も可能になってきます。


大人、高齢者の鼠径ヘルニアの治療では、手術を行う事が不可欠とされていて、手術後も再発につながらないようなケアも必要になります。又、子どもも、大人も内視鏡による治療を施す事も問題はありません。


 

鼠径ヘルニア記事一覧

  • 鼠径ヘルニアの症状と治療法について
  • 鼠径ヘルニアの症状と治療法について
  • 鼠径ヘルニアの原因と治療について
  • 鼠径ヘルニアの症状と治療法について