スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血の原因と対処法について


鉄欠乏性貧血は、貧血の中でも最も多いタイプです。カラダは、鉄と酸素の結びつきやすさを利用して、赤血球の中心に、鉄分を抱えています。その為、身体内に鉄分が不足しているとヘモグロビンがつくれなくなり、酸素との結びつきが悪くなります。


鉄分不足の原因としては、いろいろな要素が考えられます。食事自体にそもそも鉄分が不足している事、食事から一日12mgほど摂り入れたいものですが、偏った食事をしていたり、女性では、ダイエットの為と称して、野菜だけという食事をしていると鉄分不足の状態になります。


又、食事から摂った鉄分も腸で十分吸収できない状態にあると不足を招きます。消化器系の疾患を抱えていて、腸からの吸収がうまくいかないと、鉄分の吸収が妨げられ、鉄不足につながります。


潰瘍やがん、腸管の傷、女性の場合では、子宮筋腫などの疾患があって、長期にわたり出血をしている状態が続いてしまうと、慢性的に鉄分不足の状態を招きます。妊娠中の女性や授乳中の女性は、体外への出血や母乳中に含まれる鉄分が体の中から無くなることから鉄分不足の状態になります。


溶血性貧血などで、赤血球自体が壊れてしまう疾患になるとおしっこから鉄分が排泄されることになり、不足状態を起こすケースがあります。


現代人には、生活習慣、ライフスタイル、栄養バランスの欠いた食事の影響などで、酸素不足になっている人が多くなっています。


顔色、つめの変化、ちょっとした動機や息切れ、めまいや頭痛、全身がだるい、疲労が取れないなどといった不快な症状がある場合は、貧血が関係しているかもしれません。


鉄欠乏性貧血の場合は、鉄分を適度に補うことで、改善されるため、身体の不調を感じたら、早期に診断を受けることが大切になります。






 

鉄欠乏性貧血の原因と注意点について


鉄欠乏性貧血は、貧血の中でも最も多い疾患で、カラダの中の鉄分が不足してくることから起こります。血液の必用な酸素を各細胞に届ける役割をしてますが、貧血状態にあると、届くはずの十分な酸素が届かないことから臓器の酸欠状態から機能の低下につながります。


骨髄で赤血球ができる過程で、ヘモグロビンの合成が行われますが、その時にミネラルの鉄を多量に必要とします。通常、5ミリグラムほどある鉄分が不足してくると十分な赤血球をつくることができないで、酸素不足を招く貧血状態になります。


カラダの中で、鉄分が不足してくる原因には、摂り入れる量の不足と、過剰に使われる機会が増えることの二点があります。体から毎日、汗や尿などの形で、排泄されますが、同時に鉄分も排泄されます。


その為、排泄された分の鉄を食事などから補う必要があります。現代人に多い野菜不足になるような食生活を送っていたり、過度なダイエットなどを行っていて、偏りのある食事を摂っていると十分量な鉄分を補うことができなくなります。


又、食事から十分量な鉄分をとっていても胃腸などの消化吸収の器官に何らかの障害があったりすると十分量の鉄を吸収できずに鉄分欠乏を招いてしまうことになります。


成長期や女性では妊娠中なっど、カラダの成長、変化、胎児の成長のスピードも激しくなり、その分、血液の量も増えますが、その需要をカバーするだけの鉄分が足りないと貧血状態になります。


鉄分が排出されることが一番多いのが出血時、その為、女性は、月経時には、多くの鉄分を失う機会が多いので、貧血になりやすく、又、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍など、消化器官の疾病から、出血することの多い人なども貧血を起こしやすくなります。


身体内で起こる慢性的な出血は、肝臓に蓄積している鉄分までも喪失してしまうこともあるので、注意が必要です。




 

鉄欠乏性貧血の自覚症状と対処法


鉄欠乏性貧血は、貧血のなかで最も多いです。女性は、月経の為の出血や妊娠による胎児への鉄分の供給に必要なことから、鉄欠乏性貧血になりすいです。鉄分は、体内で合成できないことから食べ物で補う必要があります。


自覚症状として、動悸、息切れ、頭痛等、又、一見顔色が悪くなり、結膜が白くなるなどの症状が見られます。爪が反りかえってきたり、口角のただれた状態、舌が炎症を起こしやすくなるのも見られる症状です。


但し、鉄欠乏性貧血の初期の段階では、症状がほとんどない事から、本人や周囲の人も気付かず症状が進んでしまうことが多いようです。最近の研究では、思考力の低下に鉄剤を補充することで、改善するケースが見られ、貧血の早期の発見に役立つとの研究もされています。


アルコールを特に多く飲む人以外は、鉄分を食事から補うことが治療や予防に役立ちます。レバーなど比較的多く含まれている食材を摂るようにして、効率よく鉄分を体内に取り入れることが大切になります。


又、食事時にタンニンを多く含む、お茶やコーヒーなどの摂取は、鉄分の吸収を妨げることになるので、なるべく、取らないようにすることも必要です。


胃液の分泌量が増えてくると鉄分の吸収がよくなります。そうした、身体の特徴を生かして、香辛料などの刺激物を摂ることで胃液の分泌を促すと効果的、更に、ビタミンCは、鉄分の吸収の働きを補助してくれるので、積極的に取るようにしましょう。




 

鉄欠乏性貧血の対処法について


鉄欠乏性貧血は、貧血の中でもよく見られる症状です。胃の手術をした後、子宮筋腫から貧血になる場合もありますが、主にダイエットのし過ぎ、偏食や栄養成分の粗末な食事をすることなどが原因です。


鉄分の不足をカバーするには、規則的な食事を一日3食シッカリと摂ることや鉄分を多く含んだ食べ物を意識的に補うことが必要になります。食べ物の中に含まれている鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。


鉄分を不足なく補うためには、未精白の食べ物にプラスして、必要な分は、サプリメントなどで補う方法もあります。通常、男性では、10mg、女性では、12mg程の鉄分が一日摂取量として必要になります。


又、食事をするときなどには、食べ合わせなどにより、鉄分の吸収度合いが違ってくるので、効率よく摂る工夫が必要になります。


ビタミンCなどは、鉄の吸収を助ける作用があるので、ビタミンCを豊富に含んだレモン汁などを食べもにかけて食することで、鉄分の吸収率が上がります。


緑黄色野菜や海草などには、非ヘム鉄が多く含まれていますが、魚介類などを一緒に食するようにすると鉄分の吸収に効果的とされています。





 

鉄欠乏性貧血の症状と治療について 5


鉄欠乏性貧血は、血中のヘモグロビンの量が相対的に少なくなってくる貧血です。ただし、どの程度までヘモグロビンが少なくなってくると貧血とされるかはいろいろと説が分かれているようです。


鉄欠乏性貧血を起こしたときの症状では、負担のかからない運動をしても動悸、息切れなどの症状が現れます。普段より疲労感が増してきたり、頭が重い感じがしたり、あくびや肩こりの症状もでてきます。


貧血の特有の顔色が悪化や歯茎の色が白っぽくなったりします。鉄欠乏性貧血がひどくなると爪が反ったりもろくなります。辛い食べものがしみるようになったり、少し固い食べ物をとると痛みを感じたりする症状がでてきます。


髪の毛の代謝が悪くなることから抜け毛や薄毛の症状が顕著になったりすることもあります。また、貧血症状をそのままにしておくと酸素不足をおこして、心臓に負担をかけることからなかには心不全に至る場合も考えられます。


鉄欠乏性貧血の症状は、ゆったりと時間をかけながら進行するタイプの貧血で、そのために症状が進行していることに気付かない人もいます。老齢者の場合は身体の感覚が鈍くなっているために注意が必要です。


鉄欠乏性貧血の治療で大切なポイントは、不足をしている鉄分を補給することです。そのために食生活の根本的な改善が必要になります。注意が必要なのは、むやみに鉄分豊富な食事を行っても効果の上がらない場合があるということです。


その理由として胃液の酸度が足りなかったり、食べ物からとるタンパク質やビタミンCが不足している場合には鉄分の吸収効果が下がってしまうからです。鉄自体は身体の吸収率は10〜20パーセントほどしかなく体内に吸収をされることなく、さらに低下してしまってはよい結果が望めません。


鉄分が多く入っている食べ物では、緑黄色野菜(ホウレンソウ)がビタミンCが十分に含まれています。緑黄色野菜と一緒に牛肉やレバーなどタンパク質に富んだ食べ物をとると効果的です。


鉄欠乏性貧血の治療は、一般的に鉄剤をとることが手軽で効果的とされています。大抵の場合その貧血の自覚症状は、1〜2週間くらいでなくなり、1、2ヶ月ほど経過すると爪の変形も改善されてきます。


改善症状が見られてもこの段階では鉄分が身体に十分に溜まっていない段階なので、すぐに鉄分の服用を中止してしまうと再び鉄欠乏性貧血になりがちです。


 

鉄欠乏性貧血記事一覧

  • 鉄欠乏性貧血の原因と対処法について
  • 鉄欠乏性貧血の原因と注意点について
  • 鉄欠乏性貧血の自覚症状と対処法
  • 鉄欠乏性貧血の対処法について
  • 鉄欠乏性貧血の症状と治療について 5