スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 若年性アルツハイマー

若年性アルツハイマーの初期症状 5


若年性アルツハイマーは、10万人は言われている若年性認知症のなかでも約30パーセントの人が罹っているといわれています。アルツハイマー自体は、欧米諸国に多く見られていた認知症ですが、日本でも増加傾向にあるのが気になるところです。


若年性アルツハイマーの初期症状も老年性のアルツハイマーと同様に、最初は、もの忘れが増える、日付や自分のいる場所がわからなくなる、感情表現など精神活動が低下する、などといった症状が見られます。


老年性のアルツハイマーよりも病気が悪化していく進行が早いとされていて、現れてくる症状も老年性のアルツハイマーよりも重くなる傾向があるようです。


病気になる年齢を見てみると、40代や50代など家計を支える世代、働き盛りに多くみられるようで、生活上にさまざまな支障をきたしてしまいます。


若年性アルツハイマー病は、老年性アルツハイマーのように加齢とともに誰でもかかるといったタイプの認知症ではないようです。


若年性アルツハイマー病の原因は、遺伝が関係して発症することが多いようですがごく大まかにいって、アルツハイマー病の原因となる遺伝子に異常がある人は、40代でも発病する可能性があります。


現在では、アルツハイマーを起こす原因となる遺伝子は次々と発見をされていますが、現在のところ、まだ研究は途上にありしっかりした遺伝子診断ができる状況ではないようです。


万が一発症したとしても、発症初期より前の段階で発見し、適切なケアを受けることができれば、病気の進行を遅らせることができます。


若年性アルツハイマーに見られる初期症状を上げると、代表的なものは、頭痛やめまい、不眠です。 また、精神的な不安感や自発性の低下、抑うつ状態も起こるようです。


当人はその症状の変化に気付かないこと多くあり、、仕事上での過度なストレス状態やうつ病と勘違いされる可能性があるので注意が必要です。病気が起こっている時は、自己中心的になって、性格的に頑固になり、他人への配慮をしなくなる傾向があります。

 

若年性アルツハイマー記事一覧

  • 若年性アルツハイマーの初期症状 5