スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 自己免疫疾患

自己免疫疾患を引き起こす原因について


自己免疫疾患は、身体にとって異物である物に対して、働く免疫系が、自分の細胞や臓器に反応してしまい、それを排除する為に抗体を作り出してしまう疾患です。


よく知られている自己免疫疾患には、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、バセドウ氏病、シェーグレン症候群などがあります。その多くは難病指定をされています。


免疫の働きは、本来、自己と非自己を分けて、抗原と言われる異物に対して反応を起こします。ウイルスや細菌群、その他の微生物、がん細胞は、細胞の中にある表面に抗原があります。


身体に備わった免疫の仕組みが、十分な機能を果たさないと自分自身を異物と捉えてしまい、自己抗体と言われる異常な免疫細胞を製造し、身体内の特定の細胞や組織を標的にして攻撃体制をとってしまいます。


こうした自己免疫反応を起こすようになると、炎症を引き起こすようになり。正常な状態では体内の特定の領域にあって、免疫系の働きでは、見つからない物質が、血流に放出された場合などに発見されます。


一例では、眼の組織を強く打った場合など、眼球中の液体が血中に分泌されることになり、分泌された液体群などが免疫のシステムを刺激して攻撃を引き起こすようになります。


この例は、身体内になる正常な物質がウイルス、薬、日光、放射線などによって変質した場合です。変質した物質は免疫システムには異物とみなされます。


例えると、ウイルスなどが、身体内の細胞に感染して細胞そのものを変質させ、変質された細胞が免疫系の働きを刺激して攻撃体制をとるようになります。


身体の中にある物質に似た異物が体内に侵入したケースでは、免疫系は、自己と非自己の見分けをすることができないので、異物だけでなくその身体内の物質も攻撃するようになります。


抗体の産生を調節している細胞で、白血球の1種のBリンパ球が機能障害が起こし、正常な身体内細胞を攻撃してしまうような異常な抗体を製造するというケースもあります。


最近では、腸内細菌による体内の侵入から起こる細胞内感染が、原因となって、自己免疫疾患の症状を引き起こすのではという説もあるようです。

 

膠原病の原因 自己免疫疾患 5


膠原病は身体の中の結合組織に炎症の症状が発症する病気です。その種類には、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、リウマチなどがあります。


膠原病はまだはっきりした原因が解明されていないですが、自己免疫疾患といわれ、国の特定疾患に指定されている病気です。


膠原病は、全身の膠原繊維に炎症が起こります。膠原病には骨や関節、筋肉に痛みやこわばりを起こしてしまうリウマチ性疾患や、自分の身体のコラーゲン線維に免疫反応を引き起こす、自己免疫疾患などを持ち合わせている病気の総称です。


コラーゲン線維は細胞と細胞を結んでいる結合組織の成分で、皮膚、関節、筋肉、血管、臓器等の分布してその構造を支えています。


そのため、免疫系の攻撃によって膠原繊維が冒されると、皮膚や関節、筋肉など、全身に様々な症状がおこってきます。


自己免疫疾患とは、本来ならウイルスや細菌などの異物から生体を守るはずの免疫が、自分自身の身体を攻撃してしまう病気になります。


膠原病患者の血液中には、自分の身体の成分に対する自己抗体が多く存在し、また、リンパ球も直接自分の細胞や組織を攻撃すると考えられています。


自己抗体をつくりやすい体質は遺伝することがわかっていて、この素因を持つ人に、感染、過労、妊娠、出産、外傷、日光、など何らかの誘因が加わると膠原病の発症につながるといわれます。


自己免疫疾患は、これまで、原因不明で治療困難な病気とされてきましたが、最新の研究で発症のしくみも少しずつ明らかになり、解決への糸口が見えてきました。

 

バセドウ病の症状 全身と目の症状について 5


バセドウ病は、自己免疫疾患の一つとして考えられている病気です。自己免疫疾患では、何かの原因で免疫の仕組みに異常が起こり、自己の組織を異物と認識して、自分自身を攻撃する抗体をつくります。


高齢者がバセドウ病にかかると、心臓の病気に間違われたり、痩せて行く事から、がん疑問をもたれたりする場合があります。


バセドウ病の主な症状を見てみると 全身の症状 バセドウ病の自覚症状には、頸がふくらむ、暑さによわくなる、動機や息切れがする、手の指が震える、体重が減る、などがあります。


バセドウ病で頸がふくらむのは、甲状腺が大きくなってしまうからですが、のどが痛んだり、つまったり、することはありません。


症状の種類や程度には、個人差もちろんあって、なかにはあまりバセドウ病の自覚症状のないままの人もいます。ただこれらの自覚症状があった場合でもバセドウ病であるとは限りません。


バセドウ病に罹っていることに気がつかないで治療が遅れてしまうと、心臓に負担がかかり、脈が乱れたり、血液を送り出す働きが悪くなったり、血圧があがるといったことがおこることがあります。


肝臓の働きに影響したりして、骨粗鬆症を促進したりもします。


目の症状 上のまぶたが下がりにくくなり、まぶたと黒目の間に白目が見える まぶたの中の脂肪が増えて、まぶたがむくむ 目の後ろの組織が増えて、眼球が前におしだされる。


バセドウ病で現れてくる症状というと目に現れてくる症状を思い浮かべる人は多いようですが、全体の7割〜8割は目の症状はありません。

 

シェーグレン症候群の症状について 5


シェーグレン症候群は、自己免疫疾患の一つとされ、難病指定されている病気です。身体の唾液などを分泌する腺が、自己免疫系の働きの異常により壊されていく病気です。


身体の免疫作用は、異物、細菌、ウイルスなどを身体から守るために備わった身体の防御システムで、免疫の働きは、外部から体に進入した細菌などを、自分以外のものと認識し、攻撃・排除するようにできています。


自己免疫疾患は、免疫系の働きが何かの原因で異常をおこし、本来ならば認識しない自己の体の一部を非自己と認識する働きにより、破壊・排除するようになった病気です。


シェーグレン症候群は、唾液腺や涙腺などの外分泌腺が主に自己の免疫作用によって破壊されます。この病気は、リウマチなど他の自己免疫疾患を合併する場合があります。また、多くは中年女性にあらわれ、男性には少ない傾向があります。


涙腺が壊されるので涙の分泌が減少し、眼の乾燥症状が出てきます。唾液腺では唾液の分泌が減るため、口腔内乾燥感が生じ、ひどくなると潤滑油としての唾液の減少が影響して、水気の少ない物が食べにくくなったり、会話をするのに不都合を感じたりするようになります。


シェーグレン症候群になると唾液の分泌の減少から、本来、唾液には殺菌作用がありますが、これが消失してしまうため、カンジダなどによる口腔内真菌症に罹ったり、ムシ歯が増えたりします。


舌に炎症が起こることで赤くなり、ピリピリしたりします。また、舌の炎症が影響して次第に味覚障害を起こす場合もあります。


シェーグレン症候群では、涙腺や唾液腺は壊されるので、破壊された箇所にリンパ球が多く集まり硬く腫れることがあります。分泌が低下した唾液腺には口のなかから細菌が進入することで、急性の細菌性唾液腺炎になったりします。


自己免疫疾患に罹る人の多く、特に現代人はストレスが大きく関係しているようです。ストレスが自律神経の交感神経を過緊張にさせて、リンパ球や顆粒球などの免疫細胞のバランスを崩します。


顆粒球の増加は、活性酸素を増加させます。また、最近わかってきているのが細胞内感染です。身体の中に生息している常在菌による細胞内感染です。腸内環境を良くしたり、鼻呼吸をする習慣をつけることが大切になります。

 

自己免疫疾患と膠原病について 5


自己免疫疾患は、本来であれば自分の身体を細菌やウイルスなどの外敵から守るために身体の中で働いている白血球などの免疫細胞が、反対に自分の身体を攻撃してしまうような状態になっている病気です。


免疫系に何らかのトラブルがあると、自分の身体や細胞を異物のように認識して、リンパ球や抗体をつくることで、攻撃します。


いろいろな説がありますが、最近では、自分の細胞に腸内細菌が感染することで、自己の細胞を誤って攻撃しているということも考えられています。


自己免疫疾患の代表的な病気が膠原病です。膠原病の人の血中には、自己の身体の成分に対する自己抗体が多く存在し、またリンパ球も直接自分の細胞や組織を攻撃すると考えられています。


抗体をつくりやすい体質は遺伝することがわかっています。このような原因を持っている人に、妊娠、出産、感染、外傷、日光、過労、等、何らかの原因が加わると膠原病の発症につながるといわれています。


免疫系の障害は、免疫グロブリンの量や、リンパ球のなかのT細胞やB細胞の数や割合をはかる、あるいはT細胞のなかにあるCD4陽性細胞とCD8陽性細胞の数やバランスをはかること明確になります。


免疫系には、自己を攻撃するリンパ球を胸腺などで取り除く仕組みそなわっていて、自己免疫疾患では、従来、胸腺で排除しきれなかったT細胞がトラブルを起こすと考えられていました。


胸腺外分化T細胞の特長には、胸腺以外の場所で分化する T細胞は胸腺でのみ分化するものと考えられていましたが、新潟大学の安保教授が肝臓で独自に分化するT細胞を発見し、この他にも、腸管や子宮粘膜などで分化するT細胞がみつかっています。


こうした発見から、リンパ球がNK細胞〜胸腺外分化T細胞〜胸腺由来T細胞の順に進化したことが明らかになりました。


生命の進化は何十億年にもわたって長い時間をかけて最善の状態へと進んでいきます。膠原病などを代表とする自己免疫疾患も、細胞内感染から考える(いろいろな説がありますが)と疾患ではなく正常な反応とも言えます。


問題は、腸内に常在しているはずの細菌群がどうして体内に入るようになったのか?その原因の部分を改善させていくことが膠原病などの自己免疫疾患の改善につながります。


腸内の温度よりも低い飲食物を控えるようにする、人の遺伝子に合わないような(食性に合わない)食べ物は摂らないようにする、本来の呼吸器官である鼻呼吸を意識するようにする、こうした些細なことが大切になってきます。

 

自己免疫疾患記事一覧

  • 自己免疫疾患を引き起こす原因について
  • 膠原病の原因 自己免疫疾患 5
  • バセドウ病の症状 全身と目の症状について 5
  • シェーグレン症候群の症状について 5
  • 自己免疫疾患と膠原病について 5