スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 膀胱結石

膀胱結石の症状と治療法について


膀胱結石は、結石が膀胱内にたまる疾患です。腎結石や尿管結石が膀胱へ降りてきても、普通は、膀胱から尿道を通って尿とともに排泄されます。但し、前立腺肥大庄や神経因性膀胱があって尿管が狭くなていると、膀胱に降りてきた結石が排泄されにくくなります。


また、膀胱内にカテーテルを長期留置した場合や何らかの異物を核にして結石ができる場合もあります。膀胱内にできる結石は、通常、1個の場合が多く、男性に多いのも特徴です。結石の成分は、尿酸結石または感染結石が多い。


主な症状は、膀胱の痛みと排尿異常、それに血尿が見られます。膀胱の痛みには自発痛と排尿痛があり、尿道に痛みがあります。排尿異常には、頻尿と尿のとぎれがあります。血尿は症状が軽いものが多く、身体を動かすと変化します。


膀胱結石は、そのまま放置した状態が続いていると炎症を起こすことになり、更に排尿痛もひどくなり、頻尿とともに、膿をともなった尿を排出する事もあります。膀胱炎を起こす前に早めの治療が必要です。


診断には、触診をはじめ、エックス線検査、膀胱鏡検査等が行われます。


治療法は、結石のサイズにより異なります。小さい結石の場合は、膀胱鏡を使って、異物をつまみ出しますが、サイズが少し大きめの結石の場合は、砕石器または砕石用膀胱鏡で砕いて噴出します。また、衝撃波などで、結石を砕いて流す方法もあります。


結石が大きく、砕石器や衝撃波を使っても、結石を砕くことが難しい場合は、膀胱を切開して結石を取り出す場合もあります。

 



 

膀胱結石記事一覧

  • 膀胱結石の症状と治療法について