スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 腎血管性高血圧

腎血管性高血圧の原因と治療や対処法について


腎血管性高血圧は、腎臓の動脈の一部が狭くなる事で、血液の流れが悪くなり腎臓へ必要な酸素や栄養が届きにくくなることから起こる二次性の高血圧になります。血圧が異常に高くなる為、毛細血管の多い器官に障害を起こしやすくなります。


原因としては、女性の場合は、大動脈炎症症候群になる事で血管が狭くなることから起こり、高齢者の場合は男女を問わず、動脈硬化が進行した事で腎臓の動脈が狭くなったために起こる事が多いようです。


腎臓に供給される血液量が少なくなる事で、レニンと呼ばれる酵素が不足するため、腎臓側でレニンという酵素が余分につくられる事から、血圧が異常に高い状態を招く事になります。


血圧が高くなって高血圧の症状を起こします。腎血管性高血圧の場合は、降圧剤が効きにくい傾向にあり、拡張期血圧が高くなります。


検査により、腎臓の血管が狭くなっていることが見つかったら、バルーンカテーテルによって血管を拡張したり、金属性の筒を血管内に植え込むステントを行ったり、狭まっているヶ所を手術して切除する治療が行われます。


治療法の選択は、部位、症状の程度、狭窄を起こしている原因や年齢等を考慮して選択されます。外科的治療が難しい場合は、薬物療法でのACE阻害剤やβ遮断剤を使って血圧をコントロールしていきます。


高血圧ではカリウムが血圧抑制因子として作用する事がわかっているので、カリウムを多く含有している果物や野菜などを食べるようにしましょう。但し、腎不全を起こしている人の場合は、カリウムの制限が必要になります。


高血圧一般に言われていますが、食塩の摂取は、特に腎臓に負担をかけてしまうので注意が必要です。




 

腎血管性高血圧の症状と治療と予防について


腎血管性高血圧は、左右どちからの腎動脈の一部が狭くなる事で血液が腎臓へうまく運ばれなくなったために起こる高血圧です。


腎臓は体内の水分量をコントロールしていますが、十分な血液が腎臓にまわってこなくなると体内の水分が不足していると判断し、体の中に余分な水分が蓄積しやすくなります。その結果として身体は、血圧の高い状態になります。


高齢者の場合は、動脈硬化から血管が狭まる事が多いですが、若い人の場合、血管壁の一部が腫大することで血液の流れが悪くなる場合が多いようです。女性では大動脈炎症候群が原因の場合が多いです。


又、体の水分量が増えて血圧が上昇する事の他に、腎臓に入るはずの血液が不足してくると酵素レニンの量が増え、結果、血圧を上昇させる物質がつくられる事から高血圧を起こす場合もあります。


血圧が高くなって高血圧の症状を起こしますが、特に自覚症状がありません。一般に降圧剤が効きにくく、拡張期の血圧が高くなります。血管の狭まっているヶ所が改善される血圧の数値も正常に戻る可能性もあります。


腎動脈に狭窄がある場合は、バルーンカテーテルを使って血管を広げたり、ステントを挿入して、狭窄を起こしているヶ所の切除が行われますが、その手法が採用されるかは、部位、症状、原因、年齢などが加味されます。


薬物療法としては、降圧剤のACE阻害剤、β遮断剤を使用します。その他、カルシウム拮抗薬や利尿薬が使用される場合もあります。


予防としては、高血圧を改善してくことが大切になります。食生活では、脂肪分や動物性タンパク質の摂取量を減らし、血液の流れを良くするために食品の摂取、野菜や果物類を積極的に補うようにしましょう。







 

腎血管性高血圧記事一覧

  • 腎血管性高血圧の原因と治療や対処法について
  • 腎血管性高血圧の症状と治療と予防について