スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 胆石

胆石の原因と治療について


胆石は、胆汁はコレステロールの成分が石灰化して、胆嚢や胆管を塞いでしまう疾患。その為、食事、間食などで、脂肪分の多い食べ物を毎日摂り過ぎていると、中性脂肪値、コレステロール値を上げて胆石を起こしやすくなります。


胆石は、出来る場所により、胆嚢胆石、胆管胆石、肝内胆石に分けられ、その成分によって、ビリルビン、コレステロール結石などにも分けられます。サイズもできる数も異なります。


胆管、胆嚢などに石がつまってくると、腹部上部に激しい痛みがでてきたり、熱や熱にともなう寒気などがでてきます。通り道を結石が塞いでしまうと肝臓に胆汁がたまることもあり、黄疸症状から、皮膚などが黄色みがかかってくことになります。


以前は、石の種類として、ビリルビンが多かったですが、現在では、コレステロール石が多くなっていて、全体の7割を占めるほどになっています。


治療法として、手術により、結石を取り出す方法、又、レーザー光を照射して、石を砕く方法、薬を使用して、石そのものを溶解していく方法などがあります。


日本人にも胆石になる人が増えていますが、その原因として、脂肪分の多い食事が背景にあります。元々、胆汁には、成分として、コレステロールを含んでいますが、


普段から、コレステロールの多い食事を摂ることで次第にその濃度も高くなってしまうことが関係していると考えられています。






 

胆石の治療と手術について


胆石は、胆のうにできる石。胆石の石は、主に胆のう内にできます。胆のうの組織は、胆汁を濃くしていくところなので、コレステロールやビリルビンを出す為、結晶化しやすい状態にあります。


胆のう内にできた石が、胆管や胆のうの細いところに引っかかってしまうと、胆汁が流れるのをストップさせてしまうことから、かなりの痛みがでてくることになります。又、胆汁の逆流症を起こすと、胆のう、胆管炎などの合併症を起こすことになります。


胆石があっても、胆管などに移動しない限り痛みはでてきません。その為、発作のない胆石は、特に治療をする必要がありませんが、痛みの発生が起こってしまうと、何度も繰り返し痛みを起こしてしまうので治療を行う必要があります。


繰り返し痛みが起こってる場合で、石が総胆管に落ちていて、内視鏡を使って、石を粉砕することが出来ない場合は、手術が必要になります。現在行われている胆石の手術は、腹腔鏡手術になります。


手術による身体の負担は、軽度になり、入院をする場合もほんの数日間で収まります。傷口、病巣の回復も以前と比べて、早くなっています。人により、その日のうちに家に帰れるような場合もあります。


胆のう自体は、元来、胆汁を蓄積する為の袋です。最近、増えているのが胆のうがんですが、胆のうにできても、症状がなかなか現れず、黄疸や腹痛などのハッキリとした症状が現れてからは、かなり進行しているケースが多いようです。






 

胆石の発作と予防と対策について


胆石は、胆嚢や胆管などにできるコレステロールでできた石の塊です。突然に現れる疝痛発作があり、右のあばら骨の下部に、強烈な痛みがあります。ズキズキと背中や右肩あたりに痛みを発します。


多食の習慣やコレステロール、脂肪分の多い食事を摂る習慣を持っていると胆石になりやすくなります。激痛は、胆石の主な症状ですが、胆石を持っていても一生、痛みを発しない人も中にいます。


胆石になる原因は、日々の生活習慣に起因している場合が多いです。肥満の人や脂肪分の多い食事を摂っていたり、不規則な習慣、過度なストレスを感じるような生活をおくっていると胆道の炎症から石が発生する傾向が強まります。


予防や対策として特に大切なのが、暴飲暴食、栄養素のバランスなど日々の食生活に注意をすることです。卵やマヨネーズ、動物性のたんぱく質や脂肪分などは、胆石を生成してしまう危険を増していくので注意が必要です。


又、お酒やアルコール類などは、胆石発作を起こす引き金になるだけでなく、肥満にもつながるので、普段からお酒の飲みすぎである人は、控えることが大切です。他の生活習慣病と同様に過度なストレスにも配慮。


心や体に極度に負担をかけるストレスは、胆石から疝痛を起こすきっかけになる要素なので、自分なりのストレス解消法を普段から習慣づけておくことが必要です。




 

胆石の種類と症状について


胆石は、その成分により、コレステロール結石、ビリルビン結石、二つが混じった混合石の三つに分けられます。胆のうは、肝液を濃縮する臓器なので、石ができやすくなります。胆石は女性に起こりやすい。


血中のコレステロール値が高い人は、必然的にコレステロール結石ができやすくなります。脂肪分の多い食事をする欧米人に多く見られていましたが、食生活の欧米化により、日本でも増加傾向、特に太った女性に多く見られます。


胆汁に含まれている色素がビリルビンです。細菌感染が胆のう中に起こると、それを元にして、ビリルビンとカルシウムが結ばれて、石が発生します。以前は、日本人に多く見られましたが、最近は、減少傾向にあります。


胆石発作は、胆石のある人の上腹部の右側に痛みを発するものです。胆のうが縮むことで、石を外に排出しようとすることが原因で痛みを発します。胆のう内に石がおさまると、痛みが無くなります。


痛みの発作をしばしば、起こす人は、手術が必要。最近の治療では、内視鏡による手術が主流になっています。石が長期にわたり詰まった胆のうは、機能が無くなっているので、胆のうごと切除する手術が行われます。



 

胆石の原因と症状について


胆石は、胆汁の通り道にできるコレステロールが固まった医師です。胆石も食の欧米化、特に高脂肪の食事をとる量に比例するように増えてきています。


主な症状は、上腹部に発生する激しい痛みです。その他のでは、胸痛や冷や汗、寒気や吐き気を感じたり、黄色い液を吐くなど。脂肪成分が大いに関係しているので、脂質異常症を持っている人はその分、胆石を合併する確率が高くなります。


胆石が発生する場所によって、胆嚢胆石、総胆管胆石、肝内胆石に分類されます。胆石の大きさは、5mm以下のものから、4センチ以上の大きさになるものもあります。その数は5個程度が普通です。


主な成分によって、コレステロール結石やビリルビン結石があります。ビリルビン結石は、胆汁色素が影響しています。コレステロール結石は胆嚢に多く出来るのに対して、ビリルビン結石は胆管や肝内などによく発生します。


コレステロール結石の発症原因を見てみると、胆汁には、コレステロールをはじめ、ビリルビンや胆汁酸が含まれ、水に溶けないコレステロールは、胆汁酸やレシチンなどに含まれて胆汁内にあります。


レシチンや胆汁酸よりもコレステロールの量が多くなってくると、水に溶けにくい状態となり、やがて結晶化していきます。次第にコレステロール結石として出来るようになります。


胆石の症状は、人によって現れ方にかなり差があり、人によっては、胆石があっても一生を通じて全く症状が出てこない人もいます。無症状のことが多く本人も気がつかないことが多々あるようです。


サイレントストーンと呼ばれ徐々に進行していき胆石は、企業は地域で行われる集団検診を受けたときに発見されることが多いです。痛みを伴う胆石は、手術療法で、胆石そのものを除去していきます。


コレステロール結石はなどは、コレステロールの数値が悪い人に起こるわけではなく、糖尿病は肥満傾向の人、又、中性脂肪値が高い人に起こりやすいものです。日頃から脂肪分の摂りすぎには注意をして野菜を多く取るようにすることが大切です。


 

胆石記事一覧

  • 胆石の原因と治療について
  • 胆石の治療と手術について
  • 胆石の発作と予防と対策について
  • 胆石の種類と症状について
  • 胆石の原因と症状について