スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 肺炎

肺炎は、免疫力低下から起こります。


肺炎は、癌や心疾患、脳卒中などの三大疾病に続く死亡原因第四位の疾患です。炎症から肺組織での呼吸をする面積が、少なくなりガス交換がうまくいかなくなることから、細胞に必要な酸素量が十分に届かなくなることで、生命の危険が高まります。


特に体力のない幼児や体力の衰えた高齢者に感染しやすい。特に多いのが風邪にかかった後、回復するのに時間がかかり、熱があがる、ひどい咳がつづく、胸痛や黄色い痰を排出している場合は、肺炎になっていることが疑われます。


直接、風邪のウイルスが肺炎の原因になることはあまりなく、その多くは、風邪のウイルスにより、障害を受けた気道の粘膜組織に、細菌などが感染して起こる、二次的な要素で肺炎になるケースです。


風邪をひくなどして免疫力や体力が低下した時に、身体のなかに生息していた肺炎球菌が急激に増殖することから炎症を起こすが多いです。病原性の微生物では、マイコプラズマやクラミジア、コクシエラ、真菌等。


高齢者の場合は、老化により飲み込みが悪くなるえんげ障害から、誤嚥により、本来、口のなかに生息していた嫌気性の細菌が、唾液と一緒に気管の方まで流れてくることで起こる、誤嚥性肺炎を起こす場合もあります。


正常であれば、気管に唾液などが、気管に行くと、反射的に吐き出す動作が体にありますが、高齢になると、その反射が弱まっていることから、肺組織に流れ込むことになります。寝たきりなど、長期療養で、誤嚥性肺炎で命を亡くす人も増えています。


肺炎の多くは免疫力の低下から起こります。不摂生、過度なストレス、短時間睡眠、口呼吸など生活習慣の乱れは、免疫力の低下を招き、細菌やウイルスに感染しやすい体に。日頃から免疫力アップを目的にしたケアが必要です。





 

肺炎の症状と注意点について


肺炎は、肺の肺胞組織にウイルスや細菌が感染することで、炎症を起こす病気です。初期症状は、風邪の症状とよく似ていることから、間違われやすいですが、重症な熱や咳などがでてきて、胸痛や呼吸困難などの症状が現れてきます。


特に高齢者は、免疫の働きや身体の体力が無くなっていることから、一度肺炎になると重症化しやすく、生命の危険度も高くなります。年をとってくると飲み込みが悪くなることから誤嚥性肺炎にかかる高齢者が増えています。


高齢者は、肺炎になっていても、咳や痰、高熱などの症状が現れにくいことから発見が遅くなりがち、高齢者が同居している家では、家族の人が様子をうかがい、息苦しさがあったり、意識障害があったり、激しい胸の痛みが有る場合は、肺炎を疑ってみる必要があります。


肺炎球菌、インフルエンザなどは、肺炎につながる可能性の高い、細菌やウイルスです。肺炎球菌などは、体内に普段から生息していて、普段は、身体に害を与えませんが、免疫力が低下し、体力がなくなってくること肺炎を起こすことになります。


誤嚥性肺炎は、咳反射や嚥下反射の低下から起こります。再発しやすい肺炎です。再発するたびに耐性菌が現われ、今まで効果のあった抗生物質が良く聞かな無くなるので注意が必要。できるだけ、肺炎にならないように、食べ物に注意をすることと、口腔ケアを良く行って、予防につとめることが大切です。




 

肺炎での症状と治療の基本


肺炎は、肺内で、異物から組織を防御する肺胞が炎症を起こすことで発症します。細菌性肺炎と非細菌性肺炎の二つのタイプにわかれ、それぞれ、非細菌性のものは、ウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎に分けられます。


細菌性肺炎は、高齢者に多く見られ、死亡率も高い病気なので、冬場の寒い時期などは、注意が必要です。主な症状をタイプ別にみてみると、ウイルス性のものは、たんやせき、ねつ倦怠感がありあます。2週間ほどで、回復。


マイコプラズマ肺炎は、痰の出ない強い咳が特徴の肺炎、重い症状が現われませんが、風邪と間違うことで、病気が長引くことが多いです。クラミジア肺炎は、気管支炎程度で軽い症状のものが多いです。


細菌性肺炎では、風邪の症状と同じような状態が長く続きます。痰は、黄色みをおびたものから褐色系のもの、症状がひどくなってくるとチアノーゼ、又、呼吸困難を伴う場合がでてきます。


肺炎の治療の基本は、身体を安静にすること、シッカリと栄養素のバランスのとれた食事をとることです。そのう上で薬剤、抗生物質の投与が基本になります。炎症がひどくならないうちに早めの対処を行うようにします。





 

肺炎を起こす原因と治療法


肺炎は、癌や脳卒中、心疾患につづく、死亡原因四位の疾患、加齢に従ってそのリスクが増していきます。又、若い人であっても体力が低下している時に肺炎になると、命を落とすリスクがあります。


ウイルスや細菌に感染することが主な原因です。健常時であれば、呼吸時に入ってくるウイルスや細菌群を排除できますが、風邪などをひいている場合など、ウイルスなどが直接肺に入ってきて炎症を起こします。


ここ数年では、細菌群を繁殖させた、食べ物や唾液が期間に入ることから起こる誤嚥性肺炎が多く起こっています。いずれの場合も免疫力が低下している状態になっていると肺炎を起こしやすくなります。


高齢者に多く見られる誤嚥性肺炎ですが、予防の為には、常に口腔内を清潔にすること、そして、誤嚥にならないようにリハビリ、訓練をすることが大切です。


肺炎の症状には、発熱、悪寒、喉の痛み、胸痛、痰、呼吸のトラブルなどがみあれます。加齢に従って、その症状が、急に悪化する場合があるので、注意が必要です。


治療法としては、カラダを安静にすること、水分をとること、そして、保温をすることが大切で、解熱、鎮痛、溜まった痰の処理、抗生物質などを利用して、細菌群やウイルスなどの処置が行われます。





 

肺炎の症状と原因に基づいた治療法


肺炎は、風邪の諸症状と非常に良く似ているので、ついつい見過ごしがちになりますが、重症になると生命にかかわることから、早期の治療が必要です。高齢者、体力が落ちている人、咳や熱が長く続く場合には、特に注意。


主な症状は、発熱、痰や咳になります。38度を超える熱、激しい咳が夜間に続く場合、吐いた痰の色が黄色みがかかったものが出ている場合は、肺炎の可能性が大。重症になると、胸の痛みや息苦しさが同時に出てきます。


肺炎に病原体が肺の組織に感染することから起こります。代表的な病原体は、体力の衰えている人や高齢者が感染しやすい肺炎球菌、子供や若い年齢の人にみられるマイコプラズマ、院内感染でよくきくMRSA。


病原体による感染が原因であるので、治療の基本は抗菌剤の使用になります。比較的症状が軽い場合は、内服薬の使用、症状が重い人の場合は、点滴や注射が行われ、薬の適、不適によって、通常、3日〜4日程度でおさまります。


身体の抵抗力が下がっている場合、免疫力が低下している場合などに病原体に感染しやすくなるので、普段から、身体に過度な負担をかけない生活、過労や不規則やライフスタイルの改善は、肺炎を予防する為にも必要です。





 

肺炎記事一覧

  • 肺炎は、免疫力低下から起こります。
  • 肺炎の症状と注意点について
  • 肺炎での症状と治療の基本
  • 肺炎を起こす原因と治療法
  • 肺炎の症状と原因に基づいた治療法