スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 直腸ポリープ

直腸ポリープの症状と治療法について


直腸ポリープは、直腸内の粘膜が隆起しているものを言います。高齢者ほど多くみられ、他の消化器系のポリープと同様に欧米化した食事(動物性蛋白質)のとり過ぎが関係しているのでは言われています。


ポリープのなかには、がん化しやすいタイプのものや、出血から様々な障害を招くものもあるので、注意が必要です。自覚症状が見られないため、検診などで発見されることが多いようです。


サイズの小さなポリープは無症状のものが大部分。有茎性と無茎性の2つのタイプが有りますが、有茎性ではサイズが大きくなるにつれて、ポリープの表面が破れやすくなり、排便時に便がこすれて出血する事もあります。


肛門周辺にポリープができると、肛門の外に出てしまうこともあります。ポリープが一箇所に多くできてしまう状態になると、炎症状態もひどくなり、粘液を含んだ便が排出したり、痛みも便意も頻繁に起こるようになります。


ポリープのサイズが大きくなるに従って、がん化するリスクも高くなると言われています。有茎性ポリープについては、自然と茎が切れた状態になり、脱落したり、ポリープが壊死して肛門から排出され、自然に治癒することもあります。


内視鏡検査と手術の技術も進んでいることで、有茎性のポリープであれば、内視鏡を利用しながら、電メスやレーザーで患部を焼ききることとができますが、無茎性のポリープは、電メスやレーザーでは切除することができません。


がん化のリスクを避けるためにも、サイズの大きいポリープを発見したら切除する必要があります。また、ポリープが悪化していれば、手術による治療が必要になります。


内視鏡を利用して、ポリープを切除する場合は入院の必要はありません。術後1週間経過しても出血など特に異常がなければ、普段の生活にも戻れます。ただ、刺激の強い食べ物や飲み物を控えること、便秘には注意が必要です。

 



 

直腸ポリープの症状と治療法について


ポリープ自体は、腸にできやすく、特にポリープが多くできるのは、かなり遺伝的な要因が強い多発性ポリポージスであることが考えられるようです。ポリープのなかには、がんへと進行するものもあり、慎重な対応が必要になります。


サイズの小さいポリープは、特に症状がないものが多く、腺腫性のポリープについては、その多くが有茎性のもので、こすれてしまうと出血しやすくなり、血便になることもあります。


ポリープ自体が大きくなると、がんい変化していく可能性が高くなり、有茎性のものは、自然にきれて脱落したり、ポリープが壊死して肛門から排出して、治癒していくこともあります。


単発性のポリープについては、内視鏡で観察しながら病巣部をレーザーや電気メスなどを使って、切除していくことも可能ですが、有茎性でないポリープは、手術を行わないと完全に切除することは、困難となります。


直腸ポリープは、特に大きくなってくるとがんになる確率が高いので、サイズが大きいものを見つけたら、切除する必要があります。又、内視鏡を使用してのポリープの切除は、入院しなくても可能となります。


日ごろから、食べ物は、刺激のあるものを避けるようにして、動物性たんぱくを控えるとともに食物繊維の多い食べ物をとるようにすることで、便秘をしないように心掛けることが大切です。


 

直腸ポリープ記事一覧

  • 直腸ポリープの症状と治療法について
  • 直腸ポリープの症状と治療法について