スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 白血病

白血病の原因と治療法について


白血病は、白血球系の血液のがんです。他のがんは、老化現象が加速する年齢に従って増えていきますが、白血病の場合は、小、中、高など、若い年齢層などに多く見られるのが特徴です。


白血球は、外部から身体内に侵入してきた、異物や細菌を処理する働きをしていますが、白血球ががん化することで、細菌の感染などの抵抗力が弱くなり、結果、様々な感染症によって生命を無くしていきます。


原因の特定は、未だできていませんが、放射線、化学物質、ウイルスの作用などが考えられています。急性の発症する白血病は、熱が出ることから始まる為、初めは、風邪を引いたのでは?と思ったりします。


熱が出た状態が長引くことから、身体の異常を感じ、血液検査を行って、白血病の疑いがかけられるケースが多いです。逆に慢性のタイプは、目立った症状がないことから、脾臓の腫れや健診などで発見される場合が多いです。


他のがんと比べて、抗がん剤の使用が効果的とされていますが、抗がん剤の顕著な治療成果が見られない場合は、骨髄移植が行われるようになっています。骨髄移植の現在の成功率は5割を超えたところのようですが、うまくいくと、治癒する確率は、100パーセントに近いようです。





 

白血病の症状と治療について 5


白血病の症状は、急性白血病と、慢性白血病で異なります。急性白血病の症状は、息切れや貧血を伴った症状、歯茎の出血、感染や発熱などがあり、それに従って顔色も悪くなります。


急性白血病の初期症状では、単に貧血だけということもあるので注意をしなければなりません。


それとは対照的に慢性的白血病の症状は特に自覚症状といったものがなく、気付きませんが、腹部やリンパなどの腫れが見られます。慢性白血病では、その大部分が慢性骨髄性白血病になります。


白血病全体では、3分の2が急性白血病が占めていて、慢性白血病3分の1です。児童の場合はその多くが急性白血病です。


白血病は血液の癌と呼ばれます。血液をつくる骨髄で、免疫細胞である白血球が急激に増殖してそのためにそのために造血する働きがうまくいかなたいめに起こる病気です。


最近では、細胞内感染が原因で白血病とされているケースもあることを指摘している医師もいます。


白血病が起こる原因はまだハッキリと解明されていませんが、放射線に長期間にわたってさらされているとその発症率も高くなり、マウスや鶏に起こる白血病ではウイルスが関係していたという報告もあります。


白血病は、原爆の被爆者の人に多く発症しています。また、仕事して放射線を扱う仕事に関係をしている技師や、放射腺治療を受けている人にも多く見られます。

 

白血病記事一覧

  • 白血病の原因と治療法について
  • 白血病の症状と治療について 5