スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 急性白血病

急性白血病の症状について 5


急性白血病は、血中の白血球の数が著しく増える病気です。健常者の場合の白血球数は1立ミリ当り、8000個ほどです。増えた白血球のうちそのほとんどは、芽球といわれる弱い白血球の細胞がその多くを占めています。


白血球は骨髄で作られますが、骨髄の検査によると白血病細胞が多い状態となり、正常な細胞はあまり見られません。骨髄が白血病細胞に占領されるてしまうとその分正常な血液細胞がつくれなくなり血小板数が少なくなってきます。


急性白血病は、二つのタイプに分けられます。急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病です。また、正常な血液をつくれなくなる症状と、芽球が増殖することから起こる症状に分類されます。


急性白血病で現れる主な症状には、貧血や出血、感染から起こる発熱などです。特に症状が無い場合でも、少し風邪気味や微熱などで検査をしてみたら、急性白血病が見つかったという場合もあるようです。


詳しく症状を見てみると、正常な血液をつくれない症状では、体中に酸素を運ぶ赤血球の数が減少することで起こる倦怠感や運動をしたときに起こる息切れなどがあります。


外部から侵入してきた細菌やウイルスと闘う白血球の数が減少することで、肺炎やその他の感染症が起こりやすくなります。


怪我などをした場合に血液が止まりにくい状態になるだけでなく、何もしていないのにあざができたり、鼻血を出したり、重症のケースでは脳出血や消化管からの出血が見られることもあります。


骨髄中で増えた細胞は、血中に流出して、肝臓、脾臓、リンパ節、など様々な臓器に浸潤して臓器に腫れなどの症状を起こします。また、芽球が塊をつくり、その塊が神経を圧迫することでいろいろな症状が起こります。


 

急性白血病と慢性白血病の症状 5


白血病は俗に血液のがんと呼ばれています。白血病は、本来であれば一定の規則に従ってできる免疫細胞の白血球が、制限なく増殖する病気で、できたばかりの白血球が非常に多く血中にでてきます。


規則に従わないで白血球が増殖してしまうと赤血球、血小板などの他の血液細胞ができにくくなり、細菌やウイルスを攻撃する働きや止血作用、酸素の不足などを起こしてしまいます。


骨髄で増殖した白血病の細胞は、血液の流れにのって全身に広がり、やがて節のほか、肝臓や脾臓においても増殖をするようになります。


現在のところ白血病を起こす原因は解明されていませんが、長いこと放射線などに照射されたりしていると白血病の発病率が高くなることがわかっています。職業として放射線に触れる機会の多い放射線技師や、また放射線治療を受けている人によくみられます。


白血病の種類には、急性白血病と慢性白血病があります。急性白血病は、急激な症状の悪化をたどり、慢性白血病は進行がゆるやかな種類のものです。


その他に、白血病の種類から、骨髄性のもの、単球性のもの、リンパ性のものに分類されます。そのなかでも多いのが急性白血病で、約70パーセント占め、次に多いのが慢性白血病です。比較的子供に多いのが急性白血病です。


症状をそれぞれ見てみると急性白血病の主症状として、発熱、だるさ、皮下、歯根や鼻などからの出血や貧血、関節痛などがあります。急性白血病はある日と突然に起こることが多くあり、鼻血だけの場合があったりするので注意が必要です。


慢性白血病では、貧血、だるさといった症状があって、人によっては、脾臓や肝臓のほかにリンパ節が腫れる人もいます。白血病がいつ発症したのかよくわからない場合がほとんどです。

 

急性白血病記事一覧

  • 急性白血病の症状について 5
  • 急性白血病と慢性白血病の症状 5