スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 心臓病

心臓病の各種治療法について


心臓病の治療法は、症状の現れ方によって異なります。治療法としては、薬物療法、外科療法、カテーテル療法、ペーシング療法、除細動器による方法などがあります。症状に合わせて、これらの方法を組み合わせて治療が行われます。


薬物療法の場合は、その多くが対症療法薬による治療になります。病気そのものを治すというよりも現在現れている症状を抑えたり、予防したりするものです。狭心症では、胸痛を発作を抑える薬などが広く使われています。


狭心症に対応する、抗狭心症薬、不整脈の発作を抑える抗不整脈薬、血圧を下げる血管拡張剤や利尿剤、血栓を予防する抗凝固薬と血小板凝集抑制薬、その他に、心臓の収縮が衰えている時に使われる強心薬等が薬物療法となる薬剤です。


外科療法では、心臓のバイパス手術などがあります。手術というと障害を起こしている箇所を切除していくものというイメージがありますが、心臓病の外科療法の多くは、失われたり、低下した機能回復を目的にした治療法です。


カテーテル療法は、以前は診断方法の一つでしたが、現在では治療方法の一つとなっています。カテーテル療法では、外科手術と比較して、身体にかかる負担も圧倒的に少ないのが特徴。狭窄状態になった血管の修復に効果的です。


心臓の調子を整えたり、急な発作に対応する事を目的に小型サイズの電子機器を体内に埋め込む治療がペーシング療法です。心臓ペースメーカーという機器を胸部の皮膚下部に植え込んで心臓のリズムの安定をとります。


心房細動など心臓停止を起こす可能性が高い人に対して、心臓発作が起こったら、自動的に電気ショックを与える植え込み式型の除細動器を使用した治療があります。この治療法は、電気ショックを与えて心臓の機能を回復させます。







 

心筋梗塞の予防法と対処法


心筋梗塞は、冠動脈の血流がストップしてしまい、血液の流れが止まったカ所の細胞が壊死してしまう疾患です。動脈硬化の進行と関係しているので、60歳を超えている人、そして、男性に比較的多く見られます。


血中のコレステロールや中性脂肪の数値の高い人に多く見られます。動脈硬化がかなり進行している人の場合、気温が急に下がってきたり、逆に蒸し暑い梅雨時、台風が発生する前後、お酒の飲みすぎの人などは、注意が必要です。


心筋梗塞が起こりやすい条件は、できるだけ避けるようにすることが予防につながります。規則正しい生活、睡眠をシッカリととる、禁煙はもちろんのこと、太り過ぎなど、体重にも注意がすることが必要です。


食事は、塩分控えめのものを意識して、伝統的な和食を基本にするのがベストです。予防の良い栄養素としては、食物繊維やカロチノイド、フラボノイドなど酸化を抑える栄養素、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は、バランスよくシッカリと補うことが必要です。


葉酸やビタミンB2、B6、B12などの微量栄養素は、動脈硬化を促進させる物質のホモシステインが血中に増えるのをおさえてくれます。


動脈硬化を抑え、血管が若返らせる、血管の細胞の新陳代謝の働きを良くしていくために、食性に合った食事への改善、睡眠、適度な運動を行うことも大切です。





 

心臓病の各症状について


心臓病は、先天的なものを含めて生命に関係する重要な疾患です。生まれつきの心臓病には、心房中隔欠損、心室中隔欠損など、心臓や取り巻く血管の奇形などで、心臓のトラブルが起こることが多々あります。


現在、多く見られる心臓病には、感染から起こる心疾患、リウマチ性が原因のもの、刺激伝達系のトラブルが原因で起こる心機能異常、動脈硬化が関係しているもの、高血圧から起こるもの、その他、貧血が関係しているものなどがあります。


どの心臓病でも多く見られる症状が胸痛です。特に狭心症と心筋梗塞では、胸の中心部分から、みぞおち、首やのどの周囲にかけて、真綿で締め付けられるような強い痛みが起こります。


さらに胸の痛みだけに留まらず、生命を失うといった恐怖感が湧いてくるのも特徴です。狭心症で起こる胸の痛みは、通常、数分程度で治まっていきますが、心筋梗塞で起こる胸の痛みは、長時間続きます。


心臓病になるとほんのわずかな運動でも、大きく肩で呼吸をするようになったり、症状が悪くなると安静にしていても呼吸が苦しくなるの心臓病の症状です。身体を横にするよりも、座った姿勢や、立っているほうが楽になることもあります。


むくみもよく見られる症状です。心臓の働きが悪くなり心拍出量が少なくなると、血液を心臓から十分に排出できないで、水分が体内に蓄積していきます。これがむくみの原因になります。


心臓の働きに関係する大動脈解離というのもあります、解離を起こすと背中に突然、強烈な痛みが起こります。大動脈は、心臓の中でも一番太い血管で、その血管壁が突如裂ける疾患で、生命に関わります。

 

心臓病の症状と予防する上での注意点


心臓病は、心臓で起こるいろいろな病気の総称のことをいいます。冠状動脈が細くなってくる狭心症、冠動脈に血液の塊である血栓が詰まってしまう心筋梗塞、心臓の拍動のリズムが乱れる不整脈などがあります。


動悸や息切れ、胸を押さえてうずくまる等は、心臓病を代表とする症状になります。その他には、心臓病に共通してみられる重要な症状ではめまいや湿疹をあげることができます。


呼吸困難や動悸、胸痛、失神や眩暈といった症状は、4大症状と呼ばれます。ただ、こうした症状は心臓病だけに現れる症状ではなく、他の疾患が原因となって起こることもあります。


一例を挙げると、胆石、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎等から発生する痛みは、狭心症や心筋梗塞で起こる痛みと非常によく似ています。動悸や息切れなども、運動した後に、普段から運動不足であれば健常者でも起こります。


こうした症状が心臓病と深く関連しているかどうかを見極めるには、どのような状態にの時に症状が出てくるか、具体的にどういった症状か、他の症状を伴うのかなどをチェックすることが大切になります。


心臓病で現れてくる症状は、一つだけ出てくるよりも、何種類かが組み合わさって、でてくることが多いですが、症状の出方などは、心臓病の種類や個人によって様々です。人によっては、心臓病の症状を全く感じない人もいるほどです。


注意すべきは、中高年の場合です。重篤な症状が発生する前兆として、症状が現れてくることが多々あります。心臓病の予防や再発防止を行う上で、小さなどんな変化でも見逃さないように注意をしておくことが大切になります。

 

心臓病の症状 失神やめまいと心臓病 5


心臓病の症状には、胸の痛み、息切れなどの呼吸困難、動機、むくみの症状、めまいや失神、背中の痛みなどがあります。心臓病の疑いを感じていていてこうした症状がある場合は注意が必要です。


心臓病が原因で起こる、めまい、失神の症状についてみていきたいと思います。心臓病から起こる失神やめまいは、心臓の働きの低下から一時的に起こる症状です。心臓病の症状のなかでは特に生命に関わることも多々あるので注意が必要です。


肥大型の心筋症、心不全などの心臓病で現れるめまいや失神は、不整脈が原因になっていることが多いです。その他、狭心症や心筋梗塞、大動脈弁狭窄症でも失神やめまいが現れます。


心臓の働きが悪くなってくると、当然、心臓から全身の細胞に送り届ける血液の量が減ってきます。全体の血液量が減ってくると、脳細胞に送られる血液も不足をしてきて、脳は酸欠状態に陥ります。


脳細胞への血液の供給量が減ってくると、気を失いがちになったり、身体がふらついてくるといった症状がでてきます。不整脈が原因の意識消失は、アダムス・ストークス症候群と呼ばれています。


心臓病が原因で起こる失神やめまいは、心臓病から起こるものよりも直接生命に関係することが多く十分な警戒が必要です。


普通、めまい、失神が起こる原因は様々で、状況によって健康体の人にも見られます。背後にどんな病気が隠されているかは、その具体的な症状によって、ある程度探ることができます。


自分や周囲がぐるぐるまわるように感じられるめまいの場合は、平衡感覚をつかさどる耳の病気がまず疑われます。(メニエール病)


立ちくらみが起こって卒倒する場合は、血圧を調節する自律神経のバランスの乱れが原因で起こる神経調節障害が第一に考えられますが、この場合は、心臓に原因であることもあるようです。


特に前触れ症状もないまま、突然目の前が真っ暗となり、引き込まれるような感じで意識を喪失するめまいは、心臓のトラブルによるめまい、失神でよく現れるタイプです。

 

心臓病記事一覧

  • 心臓病の各種治療法について
  • 心筋梗塞の予防法と対処法
  • 心臓病の各症状について
  • 心臓病の症状と予防する上での注意点
  • 心臓病の症状 失神やめまいと心臓病 5