スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 大腸がん

大腸がん発症率とリスクについて


大腸がんになりやすい人は、過去に大腸ポリープになったことがある人、過去家族に大腸がんになったことが人がいる人、高脂肪の食事を摂りがちな人、、潰瘍性大腸炎を長期にわたり、患っている人等です。


大腸ポリープは、良性の腫瘍ですが、サイズによりがんになるリスクも高くなります。その為、5ミリを超えるサイズのポリープが見つかった場合は、切除されます。


ポリープになりやすい体質には、注意が必要です。良性でも、がんの素養を持っているということになります。


ポリープを持っている人は、持っていない人と比べて、発がん率は高くなるという報告もあります。定期検査や予防に務めることが大切です。


大腸がんは、遺伝病とは異なりますが、家族に大腸がんになった人がいる人の場合、遺伝子異常を起こしやすい体質を受けついでいる率が高いとされています。更に生活習慣も似たようになることからも危険性が言われています。


食の欧米化による動物性脂肪の過食は、脂肪分を腸内細菌の悪玉菌が分解した際に発がん物質を産むとされ、それらが二次胆汁酸となって、大腸の粘膜に付着することで、大腸がんリスクを高めるとされています。


潰瘍性大腸炎などの大腸の炎症を長期にわた持っている人、そのほか、喫煙、アルコール、運動不足など、生活習慣に関係することも多々あります。発症リスクの高いと思われる人は、定期検査を受けること、生活習慣の改善に気をつけることが予防や早期の対処につながります。






 

大腸がんの原因に便秘による腸内環境の悪化が


大腸がんは、日本人に増加しているがんです。大腸がんの原因としては、多くの要素がありますが、その中でも目に付くのが、一つには、高脂肪、低食物繊維の食事、俗に言われる欧米化した食事と言われるもの、もう一つが、便秘になります。


腸の中には、100種100兆個の腸内細菌が生息をしています。最近では、遺伝子に数を測定することで、その数は、1000兆個とも言われるようになっています。種類もビフィズス菌などの善玉菌とウェルシュ菌などの悪玉菌、そして、日和見菌などで構成されています。


便秘になると、腸内に溜まっている便が腐敗して、悪玉菌が増殖します。悪玉菌は、大腸でタンパク質やアミノ酸を分解して、インドール、スカトール、硫化水素やアンモニア、アミンなどの有害な物質をつくったり、胆汁酸を二次胆汁酸に変換したりします。


悪玉菌が生み出した、有害物質の中には、大腸の粘膜等を刺激をして、発がんを促したり、大腸がんの原因をつくります。更に、腸内でつくられた有害物質は、腸から吸収されることとなり、解毒の為に肝臓を疲弊させたり、腎臓の排泄にも悪影響を与える他、体全体の生理機能を低下させることになります。


便秘が万病の元と言われるのは、こうした有害物質が身体の機能を低下させることにあります。便秘を改善したり、予防するには、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして、腸内腐敗を防ぐことにあります。


腸内環境は、食生活と関係しているので、人の食性から言って、消化のしにくい動物性タンパク質を減らすこと、植物性乳酸菌、納豆などの発酵食品や野菜や果物など食物繊維の豊富な食べものを摂ることが大切です。


乳酸菌飲料などに含まれるビフィズス菌や乳酸菌などは、腸内を酸性の状態にさせることで、悪玉菌が活動しにくい環境にしてくれます。便通改善、発がん物質などが腸管などに付着するのを防いでくれます。






 

大腸がんの原因と予防について


大腸がんは、日本で、急増しているがんです。男性の場合は、胃がんがトップですが、女性は、大腸がんがトップの罹患率になっています。大腸がんは、粘膜組織に発症し、進行するにしたがって大腸壁に広がっていきます。


早期のものは、粘膜、粘膜下層でとどまっています。特に自覚症状がなく、排便時に出血していることに気づいて検査をすると早期の大腸がんが見つかるケースが多いです。放置したままでいるとがん病巣部も深く広がっていくことになります。


進行していても特に自覚症状がない人もいますが、下痢や便秘がしばらく続いていたり、血便や気になる腹痛などがある場合は、早めに検査を受ける必要がります。


食生活が主な原因とされています。特に動物性脂肪のとり過ぎと、食物繊維の不足が主に関係しているとされています。欧米化した食事を常時とっている食生活のスタイルの人は、大腸がんに罹患するリスクが高いといえます。


動物性脂肪を多く摂ると胆汁が多く分泌されることになり、その中に発癌物質ができるではと考えられています。又、食物繊維は、発がん物質の刺激を弱めたり、排便を促進させることで、腸内での発がん物質の刺激する時間を短くしてくれます。


又、腸内には、1000兆個を超える腸内細菌が生息してますが、食物繊維は、善玉菌の働きを良くしてくれる働きがあるため、発がん物質ができるのを抑える働きもあります。低脂肪で、高繊維の食べ物を摂ることが大腸がんの予防につながります。


ここ数年の研究では、脂肪の中でもDHAやEPAなど、青魚に含まれるαリノレン酸系のものは、逆に大腸がんの発症を抑える働きがあることがわかってきています。





 

大腸がんの症状と現在の治療


大腸がんは、日本人がなる癌の中でもその数が増えている癌になります。増加の背景には食生活の欧米化が関係しています。欧米化した食事は、脂肪分の多い食事、そして、野菜など繊維の多い食べ物の不足です。


傾向として、脂肪分の多い食事を摂っていると便秘になりやすく、その為、発がん物質の含有量も高くなります。二次胆汁酸は、脂肪分の多い食べ物を摂ることで増えていきますが、この二次胆汁酸が発がんを促す作用があるとされています。


大腸がんの場合、早期の段階では、特に自覚症状がない為、発見することが難しいとされています。但し、大腸にできた、がんの形などにより、特有の症状も見られます。


出血は、最もわかりやすい、症状。S状や直腸にできる癌の場合は、便に血液が混じってでてくることが多々あります。大腸の奥の方にがんができている場合は、黒い便が排泄されることもあります。


その他の症状として、下痢や便秘を交互に何度も繰り返したり、排出された便の太さが細くなったり、腹痛や発熱が長く続く場合もあります。体重減少などが極端の場合は、かなり癌が進行していることがあります。


大腸がんの治療は、主に手術療法になります。手術の場合は、がんの転移を防ぐことから周辺にある臓器をリンパ節などを摘出していきます。直腸がんなどで、進行している場合は、以前は、手術をすることで、生活の質が著しく低下させることがありましたが


現在では、排便や排尿などを考慮して、温存手術を行って、括約筋や自律神経などが働くように配慮された治療が行われるようになっています。






 

大腸がんの治療と予防について


大腸がんは、ライフスタイル、食生活の変化からココ数年増えている癌です。他のがんと比べて治癒しやすい癌とされています。大腸がん全体では、70パーセントの率で、初期のものについては、ほぼ、100パーセントの確率。


遺伝的要素よりも生活習慣が大きく関係している癌。脂肪分や動物性たんぱく質の多い食事、肥満やお酒の飲みすぎなどが癌の発生に深く関係しています。


大腸のどの場所に出来たかにより、直腸がんや結腸がんと分類されていて、又、出来た場所により、癌の性質や状態も変わっています。早期のがんであれば、治癒率の高いことから出来るだけ早い段階で発見するのが大切。


治療は、手術が効果的とされています。サイズの小さい段階であれば、内視鏡を使用した切除などにより、治療が完了することも可能。大腸がんとポリープの有無の関連では、サイズが関係していて、5ミリを超えるサイズのポリープがあれば、癌化している確率が高いとされています。


逆に5ミリ内のサイズであれば、発がんのリスクはほぼ0に近いとされています。進行した大腸がんであっても手術がまだできる状態であれば、治癒させる可能性は大とされています。


高脂肪で繊維質の少ない食事、野菜不足の生活、食品添加物の多い食べ物の摂取、身体を動かさないライフスタイル、それに関連して、肥満やアルコールなど、生活習慣の影響が大きく関係している為、予防的な感覚で、意識しておくことが大切です。




 

大腸がん記事一覧

  • 大腸がん発症率とリスクについて
  • 大腸がんの原因に便秘による腸内環境の悪化が
  • 大腸がんの原因と予防について
  • 大腸がんの症状と現在の治療
  • 大腸がんの治療と予防について