スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状と原因や治療について


坐骨神経痛は、数ある神経痛の中でも最も起こりやすいものです。神経痛の原因も発見されやすい神経痛です。坐骨神経が通っている経路や坐骨神経が分布しているヶ所に痛みがを発しているものが坐骨神経痛の対象となります。


坐骨神経は、第四腰髄から第三仙髄にかけてでた神経が多く集まっていて、骨盤を経由して、ももの後ろを通って、骨盤を経由し、ももの後部を通って、膝から足首にかけてつながっています。


身体の中で最も大きな神経で、神経痛の痛みは太ももの後ろ側に従って、ふくらはぎから足の裏側までの広い範囲に及びます。他の神経痛と違って痛みが発作的でなく連続的に起こるのも特徴の一つです。


神経痛の中でも、坐骨神経痛の原因が発見しやすく、対象となる疾患には、椎間版ヘルニア、変形性腰椎症、カリエス、腫瘍をはじめ、


その他の疾患として、外傷による圧迫、寒冷、リウマチ、帯状疱疹、便秘、糖尿病、動脈硬化症、アルコールやニコチンの依存症なども原因疾患として挙げられます。


症状として、痛みはももの後部からふくらはぎ、足に及ぶ鋭い痛みとして現れます。立ち上がる、横になる、歩いたりするなど動作の転換時に著しく痛みます。


診断方法として、問診、視診のほか、原因となる疾患を調べるため一般検査、理学検査、X線検査、CT、MRIなどが行われます。


治療法としては、原因の特定を十分に突き止め、その原因となる病気を治療する事が基本です。対症療法としては、痛みを抑える目的で消炎鎮痛剤を使用します。又、ホットパック、温浴なども効果的とされています。





 

坐骨神経痛の原因と対処法について


坐骨神経痛は、神経痛のなかでも最もおこりやすいもの、坐骨神経自体は、おしりの裏側から足の先まで広範囲に広がっていますが、神経痛を起こす原因を、比較的ハッキリとしています。


膝から足首にかけて広がっている末梢神経であるため、坐骨神経痛から生じる痛みも、ふくらはぎから足の裏側まで及んでいて、他の神経痛と違った痛み方を感じます。長い時間、連続的に痛みが続くのが特徴です。


坐骨神経痛の原因は、比較的見つけやすく、椎間板ヘルニア、腫瘍などの病気が関係しているもの、外傷などにより神経が傷つけられて起こるもの、圧迫、寒冷、湿潤などの刺激がきっかけとなって起こるものなどがあります。


又、お酒の飲み過ぎ、ニコチン障害などが神経痛につながるケースもあります。太ももの後ろ側、ふくらはぎ、足の先まで、広範囲に及ぶ痛みが坐骨神経痛で現れる痛みの症状の特徴です。


睡眠時も寝返りをうつだけでも激しい痛みの為、目を覚ますこともあります。立ち上がったり、歩き始めたりするときなどに激しい痛みがでてきます。


坐骨神経痛は、他の神経痛と違って、原因の特定が比較的わかりやすい神経痛です。そのため、治療では、原因の特定を行うことが第一歩、そして、原因となっている病気をしっかりと治療することが大切になります。


痛みを抑えるために消炎鎮痛剤などが処方されますが、そのほか、患部を温めることを目的に、ホットパックを使用したり、温泉に入るなども痛みの緩和に効果的とされています。




 

坐骨神経痛の痛みの症状と治療


坐骨神経痛は、神経痛の中でも特に起こりやすい神経痛で、発症原因も見つけやすい疾患です。神経痛の場合は、症状を起こしている病気が分かっている場合は、その病名になり、例えば、ヘルニアが病名の時は、坐骨神経痛は症状となります。


坐骨神経自体は、膝、足首、ふくらはぎ、足の裏に連なっています。神経痛が起こると、太ももの後ろの部分からふくらはぎ、そして、足の裏側に広がります。他の神経痛と異なり、持続的な痛みになります。


痛みは主な症状ですが、ももの後ろ側から、ふくらはぎ、足に及んで、鋭い痛みで、出てきます。夜寝ている時に、寝返りをうっただけでも目が覚めるほどの痛みになります。起き上がったり、歩いたりなど、カラダを動かすたびに痛みがでてきます。


関連する病気としては、ヘルニア、変形性腰椎症、腫瘍やカリエス、帯状疱疹や便秘、糖尿病や動脈硬化、アルコール依存などがあります。坐骨神経自体は、身体の中でも最も長い神経、その為、寒冷や圧迫などによっても起こります。


治療は、神経痛を起こしている原因の病気の治療が必要です。又、痛みを緩和する為に消炎鎮痛剤を使用したり、血流を良くして、代謝をアップさせるためにホットパックを利用したり、温泉などを利用することで治療効果を上げていきます。


西洋医学の場合は、対症療法になりますが、根本的治療を期待するのであれば、東洋医学に治療が神経痛には、効果が期待できます。



 

坐骨神経痛の原因と症状について


坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されることから起こる神経痛の事を総称して呼んでいます。


一般的には、腰部から下肢、ことに足の裏側にかけて走る痛みのことを指します。坐骨神経は、自然と痛みが起こることはまれなのでその原因を考える必要があります。


坐骨神経痛で起こる激しい痛みは、重量のある物を中腰の姿勢で持ち上げようしたらピリリッと走る痛みなどで、その場にそのまま座り込んでしまってい、再び立つ事が難しいような痛みなどです。


痛みが現れる状態は、長時間電車に揺られてきたら、下りるとき足がしびれて痛いとか、ゴルフのショットをした後などに起こる痛みなど様々です。


神経痛が起こる主な箇所としては、太ももの裏やすね、お尻の部分やふくらはぎなどがあります。どこかの一部分だけに坐骨神経痛の症状を強く感じる場合もあれば、足の上部から下部にかけて全体にわたり痛みが起こる場合もあります。


坐骨神経痛で起こる激しい痛みの症状は、冷や汗をかいたり、うずくまるのほどのものから、不快な感じで、重くだるいといった痛みにわたるまで多種多様です。痛みの起こり方も一概に言えず、膝の後面、ふくらはぎの外側など、これも人によりさまざまです。


ギックリ腰のようなタイプは、温浴した安静にしたりで1週間ほどで、少しずつ軽快へと向かいますが、ヘルニアのようなものでは、足を引きちがれるような痛みがあり、歩行すること自体が困難なものとなり、特定の姿勢で横になる以外、対処のしようがないものなどがあります。


また、逆に痛みが起こってもしばらく安静しているだけで症状が軽快する人もいます。

 

坐骨神経痛の原因と治療について 5


坐骨神経痛は、坐骨神経に沿って痛みが起こる病気です。坐骨神経は、尻部の坐骨神経根から、大腿の後方へとつながっていて、膝より下は下肢の外を通りかかとの方まで伸びているので、坐骨神経痛で痛みがひどい時は横になっているのもつらいほどの症状となります。


咳やくしゃみ、力みといった物理的な刺激から痛みが強くなります。足をのばした状態で大腿部をひきあげると電気が走ったような強烈な痛みがおこります。


坐骨神経痛の症状は冬季の気温が低くなる季節になると人によってはかなりひどくなります。痛みやシビレの強弱のでかたは人によって違いますし、坐骨神経の症状がでてくる箇所も多少の個人差があります。


坐骨神経は体の中にある神経のうちでも最も長い神経とされ、神経痛をおこしやすい神経とされています。坐骨神経痛が発症する原因のなかで一番多いのが、椎間板ヘルニアです。


椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛を起こす原因で実に8割をしめます。坐骨神経痛になる人を年齢別に分けてみると、20歳代〜60歳代が多いとされています。


坐骨神経痛をおこす病気を見てみると、脊椎変形症、カリエス、骨盤、脊髄の病気などがあります。こうした病気が原因となって坐骨神経を圧迫したり、炎症がおこしたりします。


坐骨神経痛の治療では、原因になっている病気に対する治療が大切になります。痛みが激しいときには、鎮痛剤、鎮静剤を使用します。坐骨神経痛では、コルセットで腰の部分の運動制限をすると、再発の予防になります。


椎間板ヘルニアが原因で起こるものについては、もとの病気が治癒すると、数週間の安静で治り、糖尿病が原因となっている場合は、糖尿病の症状が軽減してくると坐骨神経痛もおさまるようです。


坐骨神経痛の痛みがひどい人は、ブロック注射を行ったり、手術を行うこともあります。神経痛によいとされる民間療法、ツボ押し、お灸や整体、マッサージなどいろいろな療法がありますが、坐骨神経痛の症状が出たら、素人判断をせずにまずは病院でシッカリと検査を受けることが大切です。

 

坐骨神経痛記事一覧

  • 坐骨神経痛の症状と原因や治療について
  • 坐骨神経痛の原因と対処法について
  • 坐骨神経痛の痛みの症状と治療
  • 坐骨神経痛の原因と症状について
  • 坐骨神経痛の原因と治療について 5