スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 原因

鉄欠乏性貧血の原因と対処法について


鉄欠乏性貧血は、貧血の中でも最も多いタイプです。カラダは、鉄と酸素の結びつきやすさを利用して、赤血球の中心に、鉄分を抱えています。その為、身体内に鉄分が不足しているとヘモグロビンがつくれなくなり、酸素との結びつきが悪くなります。


鉄分不足の原因としては、いろいろな要素が考えられます。食事自体にそもそも鉄分が不足している事、食事から一日12mgほど摂り入れたいものですが、偏った食事をしていたり、女性では、ダイエットの為と称して、野菜だけという食事をしていると鉄分不足の状態になります。


又、食事から摂った鉄分も腸で十分吸収できない状態にあると不足を招きます。消化器系の疾患を抱えていて、腸からの吸収がうまくいかないと、鉄分の吸収が妨げられ、鉄不足につながります。


潰瘍やがん、腸管の傷、女性の場合では、子宮筋腫などの疾患があって、長期にわたり出血をしている状態が続いてしまうと、慢性的に鉄分不足の状態を招きます。妊娠中の女性や授乳中の女性は、体外への出血や母乳中に含まれる鉄分が体の中から無くなることから鉄分不足の状態になります。


溶血性貧血などで、赤血球自体が壊れてしまう疾患になるとおしっこから鉄分が排泄されることになり、不足状態を起こすケースがあります。


現代人には、生活習慣、ライフスタイル、栄養バランスの欠いた食事の影響などで、酸素不足になっている人が多くなっています。


顔色、つめの変化、ちょっとした動機や息切れ、めまいや頭痛、全身がだるい、疲労が取れないなどといった不快な症状がある場合は、貧血が関係しているかもしれません。


鉄欠乏性貧血の場合は、鉄分を適度に補うことで、改善されるため、身体の不調を感じたら、早期に診断を受けることが大切になります。






 

冷えの原因と対処法について


冷えは、血液の流れが悪くなることで起こります。血液を全身に届ける毛細血管の凡そ90%は、幅7ミクロンの毛細血管です。血液循環の悪化は、毛細血管部に特に顕著に現れる為、手足の指先などに冷えを感じるようになります。


冷えに原因には、いくつかの要素があります。一つに、過度なストレスから起こる自律神経の乱れがあります。交感神経が優位になると血管は、収縮するようになり、血流の悪化を招き、体温調整に不具合を招くことになります。


食生活の乱れから血液の汚れも冷えを招きます。中性脂肪の過多など、脂質異常を起こしていたり、高血糖の状態であったり、未処理な老廃物が血中に溜まっていたりすると血液の粘度があがり、血流の悪化を招くことになります。


女性は、男性と比べて冷えの症状を訴える人が多いですが、それには、女性ホルモンの影響が関係しています。女性ホルモンの分泌量の変化が自律神経に作用したり、ホルモン自体が血液の循環に影響していることから、分泌量が減ってくると、冷えを招くことになります。


その他、動脈硬化により、血管の硬く細くなっている人、栄養素の不足により、貧血になっていたり、低血圧により、血液を送る働きが悪くなっている人、運動不足のため、第二の心臓と呼ばれる足の筋肉が減って、血液循環が悪くなっていること等があります。


身体が冷えやすいと自覚している人は、カラダをあたためる食材を選んだり、体温よりも高い飲食物を口にしたり、衣類で体の熱を奪うような服を着ないようにしたり、ストレッチなどを行って、足の筋肉を動かして、血流の改善を計ったりなどの対処が効果的です。





 

胆石の原因と治療について


胆石は、胆汁はコレステロールの成分が石灰化して、胆嚢や胆管を塞いでしまう疾患。その為、食事、間食などで、脂肪分の多い食べ物を毎日摂り過ぎていると、中性脂肪値、コレステロール値を上げて胆石を起こしやすくなります。


胆石は、出来る場所により、胆嚢胆石、胆管胆石、肝内胆石に分けられ、その成分によって、ビリルビン、コレステロール結石などにも分けられます。サイズもできる数も異なります。


胆管、胆嚢などに石がつまってくると、腹部上部に激しい痛みがでてきたり、熱や熱にともなう寒気などがでてきます。通り道を結石が塞いでしまうと肝臓に胆汁がたまることもあり、黄疸症状から、皮膚などが黄色みがかかってくことになります。


以前は、石の種類として、ビリルビンが多かったですが、現在では、コレステロール石が多くなっていて、全体の7割を占めるほどになっています。


治療法として、手術により、結石を取り出す方法、又、レーザー光を照射して、石を砕く方法、薬を使用して、石そのものを溶解していく方法などがあります。


日本人にも胆石になる人が増えていますが、その原因として、脂肪分の多い食事が背景にあります。元々、胆汁には、成分として、コレステロールを含んでいますが、


普段から、コレステロールの多い食事を摂ることで次第にその濃度も高くなってしまうことが関係していると考えられています。






 

坐骨神経痛の原因と対処法について


坐骨神経痛は、神経痛のなかでも最もおこりやすいもの、坐骨神経自体は、おしりの裏側から足の先まで広範囲に広がっていますが、神経痛を起こす原因を、比較的ハッキリとしています。


膝から足首にかけて広がっている末梢神経であるため、坐骨神経痛から生じる痛みも、ふくらはぎから足の裏側まで及んでいて、他の神経痛と違った痛み方を感じます。長い時間、連続的に痛みが続くのが特徴です。


坐骨神経痛の原因は、比較的見つけやすく、椎間板ヘルニア、腫瘍などの病気が関係しているもの、外傷などにより神経が傷つけられて起こるもの、圧迫、寒冷、湿潤などの刺激がきっかけとなって起こるものなどがあります。


又、お酒の飲み過ぎ、ニコチン障害などが神経痛につながるケースもあります。太ももの後ろ側、ふくらはぎ、足の先まで、広範囲に及ぶ痛みが坐骨神経痛で現れる痛みの症状の特徴です。


睡眠時も寝返りをうつだけでも激しい痛みの為、目を覚ますこともあります。立ち上がったり、歩き始めたりするときなどに激しい痛みがでてきます。


坐骨神経痛は、他の神経痛と違って、原因の特定が比較的わかりやすい神経痛です。そのため、治療では、原因の特定を行うことが第一歩、そして、原因となっている病気をしっかりと治療することが大切になります。


痛みを抑えるために消炎鎮痛剤などが処方されますが、そのほか、患部を温めることを目的に、ホットパックを使用したり、温泉に入るなども痛みの緩和に効果的とされています。




 

肺炎の原因と治療法 対処法について


肺炎は、細菌やウイルスなどの感染によって、肺に炎症を起こしている症状のことをいいます。高齢者や何らかの原因によって体力を落としていて、免疫力が低下している場合にかかりやすくなります。


感染源である、ウイルスや細菌等は、息をする時に口や鼻を通して身体になかに入ってきます。免疫力がシッカリと働いている時は、防御してくれますが、喉に炎症が起こった状態では、ウイルスなどが肺に容易に侵入してきます。


肺炎自体は、最近では、抗生物質の働きによって、昔ほど、恐ろしい病気ではなくなりましたが、すべての肺炎が抗生物質の使用で治癒されるというわけではありません。


肺炎というと、昔は、寒い冬には部屋を密閉して障子が濡れてしまうほど湯気を立てて、部屋を温めると同時に部屋の空気を湿らせることが最も大切な対処法でしたが、抗生物質のおかげて、冬期の場合もあまり厳しく言われなくなりました。


最近では、抗生物質に耐性を示す、ブドウ球菌が増加しているといわれています。熱が高い症状が続くと食欲もわきませんが、熱が下がってくれば、自然と食欲もでてくるので、栄養を十分に摂取することが大切です。


肺炎で見られる症状には、咳、高熱、悪寒、胸痛、喀痰、呼吸困難などがあります。普通は、こうした症状が数日間続きますが、年配者の場合、食欲がなかったり、何となく元気がないなどの症状が目立っている場合がるので気をつける必要があります。


一般的な肺炎の対処法としては、室内温度、20度、湿度、60パーセントくらいに保つように、とくに明け方は室内温度が非常に下がり、病人の体温もさがるので気をつけるようにします。


高齢者や幼い子供が肺炎にかかっている場合、気温の変化に非常に敏感で、気温の変化から病状が悪化することがあるので、室内温度には特に気を配る必要があります。


高齢者の肺炎では、心臓衰弱などの症状も特徴です。身体が衰弱していくのも早く、短期間のうちにぐったりとしてしまいます。高齢者は、特に熱がでていなくても、予後が長くなりがちなので、長い場合は数年の期間にわたって注意をする必要がでてきます。

 

原因記事一覧

  • 鉄欠乏性貧血の原因と対処法について
  • 冷えの原因と対処法について
  • 胆石の原因と治療について
  • 坐骨神経痛の原因と対処法について
  • 肺炎の原因と治療法 対処法について