スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 冷え

体の冷えの改善と対策法について


冷えは、身体に様々な症状を引き起こすだけでなく、冷えから重い病気につながる事も多々あります。特に女性の場合は、冷えに弱い体質にあると言われています。(長寿になっている女性は温かい地方に多い)


男性と比べて女性の場合は、血管が細い為(血管増殖因子が女性ホルモンのコントロール下)、外気温などで血管が収縮すると、血液の流れが抑えられてしまいます。


血液の流れが悪くなると身体の隅々まで、栄養素や酸素が届きにくくなり、細胞の新陳代謝が低下します。代謝が悪くなると、老化が早まったり、代謝できずに余った糖質や脂質が脂肪として蓄積し、様々な弊害を伴います。


自律神経とホルモンには密接な関係があるため、女性の場合は、ホルモン分泌の乱れから卵巣機能障害を起こし、不妊症の誘因になることもあります。なお、冷えがひどく、身体のふしぶしが痛くなるような人は、血行障害を起こしている場合があります。


冷えから起こっている不快な症状は、病気というよりも、全身に流れる血液循環の悪化から起こる諸症状です。冷えを解消する生体反応は、副交感神経の反射なので、生活上のちょっとした工夫で改善することが可能。


まずは、交感神経と副交感神経のバランスを整えることが大切です。食事、睡眠、運動など、規則正しい生活を見直す事が第一になります。


食生活の面では、朝ごはんは食べるようにする事が大切です。朝の食事や消化器系を刺激して、睡眠中に下がった体温を元の状態に戻してくれます。生活リズムが戻ってくると、温度差に対する適応力もアップします。


身体を動かすと血行が良くなり、代謝が高まります。無理な運動ではなく自分にあった適度な運動を行いましょう。運動の時間がとれない時は、ウォーキングでも十分(できれば早めのウォーキング)


入浴は、血管を拡張し、血流を良くしてくれるので冷えには効果的です。熱めのお湯より、38度程度の少しぬるいとかじるお湯に時間をかけて浸かる事がポイントです。半身浴で、みぞおちから下をぬるめの湯につかるのも良い。


強く身体をしめつける下着やかかとが高いヒールシューズは、血行を悪くするので控えるようにしましょう。体温より低い飲み物や食べ物は身体を内側から冷やします。夏でもできるだけ温かいものを飲むようにすると、冷えの予防につながります。




 

冷えの原因と対処法について


冷えは、血液の流れが悪くなることで起こります。血液を全身に届ける毛細血管の凡そ90%は、幅7ミクロンの毛細血管です。血液循環の悪化は、毛細血管部に特に顕著に現れる為、手足の指先などに冷えを感じるようになります。


冷えに原因には、いくつかの要素があります。一つに、過度なストレスから起こる自律神経の乱れがあります。交感神経が優位になると血管は、収縮するようになり、血流の悪化を招き、体温調整に不具合を招くことになります。


食生活の乱れから血液の汚れも冷えを招きます。中性脂肪の過多など、脂質異常を起こしていたり、高血糖の状態であったり、未処理な老廃物が血中に溜まっていたりすると血液の粘度があがり、血流の悪化を招くことになります。


女性は、男性と比べて冷えの症状を訴える人が多いですが、それには、女性ホルモンの影響が関係しています。女性ホルモンの分泌量の変化が自律神経に作用したり、ホルモン自体が血液の循環に影響していることから、分泌量が減ってくると、冷えを招くことになります。


その他、動脈硬化により、血管の硬く細くなっている人、栄養素の不足により、貧血になっていたり、低血圧により、血液を送る働きが悪くなっている人、運動不足のため、第二の心臓と呼ばれる足の筋肉が減って、血液循環が悪くなっていること等があります。


身体が冷えやすいと自覚している人は、カラダをあたためる食材を選んだり、体温よりも高い飲食物を口にしたり、衣類で体の熱を奪うような服を着ないようにしたり、ストレッチなどを行って、足の筋肉を動かして、血流の改善を計ったりなどの対処が効果的です。





 

冷えの原因と対処法について


冷えは、万病の元と言われてます。身体が冷えてくると身体に様々なトラブルを起こすようになります。日本人の体温は、平均して36.5度とされていましたが、ここ数年、若い人にも、体温が36度ない人がふえてきています。


体温が低くなっている原因には、身体を動かさないことから起こる筋肉量の減少、相対的に身体を冷やす方に向かう食べ物を良く摂ること、生活環境の変化や過労や過度なストレスなどがあります。


冷えによって、体温が下がっている状態を改善して、カラダを温めていくとカラダ本来の調子を取り戻していきます。体温が一度下がることで、免疫系の働きは凡そ3割程度下がり、基礎代謝は、13パーセント下がります。


癌細胞などは、34度から35度あたりになると増殖しやすくなることがわかっています。古くから身体を温める食べ物として、知られているのが生姜です。


生姜を食べることで期待できる効果には、新陳代謝の改善、免疫力の向上、排毒や美肌、鎮痛、胃腸の改善、ダイエットなどがあります。生姜を食することにより効果は、身体を温めることです。


漢方薬のなかでもとりわけ、利用される割合が多いのが生姜です。冷えや低体温で、身体の不調を感じている人は、習慣的に生姜を食することで、改善に期待がもてます。





 

冷えの対策について


冷えは、万病の元と昔から言われています。冷えの症状をそのままの状態にしておくと様々な身体の不調が現れてきます。特に注意が必要なのが免疫力の低下になります。身体が冷えてくると身体の臓器の機能が低下していきます。


体温が一度、低下すると免疫系の働きが凡そ、3割ダウンすると言われています。免疫の働きが低下するということは、様々な菌に感染しやすくなることになります。風邪をひきやすくなったり、


風邪がなかなか治りにくくなったり、又、身体の疲れも抜けにくくなったり、消化器系の働き、特に腸の働きがわるくなったり、皮膚に現れたシミやくすみなどの症状が、消えにくくなるなどの症状がでてきます。


冷えの対策に必要なのは、生活習慣の改善です。基本は食生活を見直すこと。冬の季節は、ゴボウ等の旬の野菜を食べること、生姜などの身体を芯から温める食べ物を食卓に並べることなどが必要です。


免疫力をアップさせるのに必要なビタミンCやEなどは、栄養補助食品などで補うことも効果的です。又、冷えの対策に、身体を動かすこと運動をすることも必要で、ウォーキングやストレッチなどを習慣にすることもおすすめ。





 

冷えの原因とホルモンとの関係


冷えの症状は、血液の流れが悪くなり、特に末梢循環の流れがわるくなることで起こります。冬場だけでなく、冷房などの影響で夏場であっても冷えの状態にある人が、増えています。


過度なストレスなどにより、交感神経が緊張し過ぎると血管を収縮させ、血液の流れが悪くなります。仕事などから受ける精神的なストレスや冷暖房などの温度差が大きくなることで、体温のコントロールが難しくなり、自律神経を乱します。


冷えは、女性に多く見られますが、女性ホルモンと自律神経の乱れが関係しています。女性ホルモンは、血液の流れを良くする作用もあるので、ホルモンの量が減ってくると、冷えを招くようになります。


バランスの欠いた食事をしていると栄養の過不足を招くこととなり、冷えを招くことになります。貧血症状が続いて、酸素量が不足した状態になっていたり、低血圧で、十分な血液が循環しにくくなったりすることで、冷えになる場合もあります。


冷えの状態をそのままにしていると、肩こりやむくみ、睡眠障害など、様々な身体の不調を来すことになります。保温をすることを意識して、特に下半身が冷えないように気をつけることが大切になります。


普段から運動不足気味の現代人は、ストレッチなどを行うことで、筋肉量を少しでも増やす工夫をすることが冷え対策になります。足の筋肉を適度に動かすことで、血液の流れも良くなってきます。




 

冷え記事一覧

  • 体の冷えの改善と対策法について
  • 冷えの原因と対処法について
  • 冷えの原因と対処法について
  • 冷えの対策について
  • 冷えの原因とホルモンとの関係