スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 不眠

不眠の症状と改善に役立つ栄養素


不眠の悩みを抱えている人が増加をしています。不規則なライフスタイルや過度なストレス、精神的な悩みごとなどが重なると不眠の症状が現れてきます。熟睡しているといった感覚は、疲労回復には、不可欠です。


不眠には、代表的な三つの症状があります。入眠障害、中途覚醒、そして、早朝覚醒です。入眠障害は、夜、床に入ってもなかなか寝付けず、眠れないといった状態です。寝付くまでに凡そ、30分から一時間以上かかる人は、入眠障害に該当します。


中途覚醒は、スムーズに寝つけても、夜中に何回も目が覚め、一旦目が覚めると、次はなかなか、寝付けないといった状態になります。何らかの身体のトラブルや、ストレスなどをきっかけに、眠りが浅い状態となります。


早朝覚醒は、正常な人が、まだ、寝入っている朝の早い時間に覚醒し、覚醒した後は、なかなか寝付けない状態になります。早朝覚醒の場合は、寝る時間帯を後にズラしていくことで、解消されるケースもあります。


朝、すっきりと目覚める為に、不眠の改善に役立つ、生活習慣や、不眠改善に効果の有効成分の摂取などが効果的です。


有効な成分としては、昼間のストレスなどを引きずって、寝つきが悪い人には、セリンとテアニンが、疲労がたまっている人には、ビタミンB群、睡眠の質を深め、良く寝ている感覚に効果的なのがバレリアン、就寝時に神経の興奮を鎮めるには、ギャバが効果的です。




 

不眠の解消 対策法について 5


不眠は、睡眠をとる時に何らかの問題が原因で眠れない状態になることをいいます。不眠の症状が続くと、疲労感、集中力の欠如、身体の不調や気分がすぐれないといった症状があらわれ、日常生活の支障を来たしてしまいます。


また、不眠が続くと、高血圧、糖尿病、うつ病といった病気が発症しやすくなると言われています。夜よく眠れないといった不眠の症状が続くときは、精神科などでシッカリと治療を受ける必要があります。


不眠には、主に入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の四つのタイプがあります。それぞれに対策法や改善方法が違ってくるので、症状にあわせてシッカリとした対策をとることが大切です。


入眠障害は、寝つきがあまりよくない状態のことをいいます。入眠障害による不眠は、老人だけでなく、比較的年齢の若い層などにもみられるようになっています。


この不眠の原因では、本当はまだ眠くないのに、無理に眠ろうとすることが関係しているようです。不眠の状態が長く続くと、不眠への恐怖感が頭に浮かぶ状態になりますます不眠となります。


不眠の解消法や対策法としては、狂った体内時計を調整するために平日も休日も、なるべく毎朝決まった時刻に起きることが不眠の改善につながります。


中途覚醒は、夜中に何回も目が覚めるといった不眠のタイプで年配者に多くみられる不眠です。中途覚醒の原因では、身体が欲する睡眠時間よりも長く床のなかで過ごすと、夜中に何度も目が覚めたり、眠りが浅くなったりします。


代謝が悪くなると同時に年配者では昼間の活動量が減るため、身体が欲する睡眠時間が減ります。65歳を過ぎると若い時と比較して睡眠時間が1時間程短くなるようです。中途覚醒の対策では、まず少し遅寝早起きにして、床の中にいる時間を短くします。


昼間の活動量が減少すると自律神経のメリハリがうまくいかないで浅い睡眠になるようです。昼間はできるだけ身体を動かすこと、昼夜のメリハリがついてくれば不眠の改善に効果がでてくるでしょう。


早朝に目が覚め、夜は早い時間に眠くなるといった早朝覚醒の症状も年配者に見られます。早朝覚醒の原因では、人間誰でも年をとると、体内時計のリズムが前へ前へとずれていくので朝早く目が覚めてしまいます。


早朝覚醒の対処法としては、早朝に太陽の光が目に入ると、体内時計が早く調節されて、夜の眠りの準備も早くなります。窓ガラスのカーテンをしたりして、早朝の日光が入らないようにします。


楽しみを見つけて夜遅くまでおきておく習慣をつけるようにしましょう。体内時計を整えることが不眠改善に役立ちます。

 

若年性アルツハイマーの初期症状 5


若年性アルツハイマーは、10万人は言われている若年性認知症のなかでも約30パーセントの人が罹っているといわれています。アルツハイマー自体は、欧米諸国に多く見られていた認知症ですが、日本でも増加傾向にあるのが気になるところです。


若年性アルツハイマーの初期症状も老年性のアルツハイマーと同様に、最初は、もの忘れが増える、日付や自分のいる場所がわからなくなる、感情表現など精神活動が低下する、などといった症状が見られます。


老年性のアルツハイマーよりも病気が悪化していく進行が早いとされていて、現れてくる症状も老年性のアルツハイマーよりも重くなる傾向があるようです。


病気になる年齢を見てみると、40代や50代など家計を支える世代、働き盛りに多くみられるようで、生活上にさまざまな支障をきたしてしまいます。


若年性アルツハイマー病は、老年性アルツハイマーのように加齢とともに誰でもかかるといったタイプの認知症ではないようです。


若年性アルツハイマー病の原因は、遺伝が関係して発症することが多いようですがごく大まかにいって、アルツハイマー病の原因となる遺伝子に異常がある人は、40代でも発病する可能性があります。


現在では、アルツハイマーを起こす原因となる遺伝子は次々と発見をされていますが、現在のところ、まだ研究は途上にありしっかりした遺伝子診断ができる状況ではないようです。


万が一発症したとしても、発症初期より前の段階で発見し、適切なケアを受けることができれば、病気の進行を遅らせることができます。


若年性アルツハイマーに見られる初期症状を上げると、代表的なものは、頭痛やめまい、不眠です。 また、精神的な不安感や自発性の低下、抑うつ状態も起こるようです。


当人はその症状の変化に気付かないこと多くあり、、仕事上での過度なストレス状態やうつ病と勘違いされる可能性があるので注意が必要です。病気が起こっている時は、自己中心的になって、性格的に頑固になり、他人への配慮をしなくなる傾向があります。

 

不眠記事一覧

  • 不眠の症状と改善に役立つ栄養素
  • 不眠の解消 対策法について 5
  • 若年性アルツハイマーの初期症状 5