スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 皮膚の疾患

貨幣状湿疹の症状と治療について


貨幣状湿疹は、コイン状(10円玉サイズ)の丸い皮疹の形状から名付けられた湿疹がいくつも身体の発生し、強いかゆみとともにジクジクした黄色い滲出液が出てくるものです。


高齢者の皮脂欠乏性湿疹に引き続いて起こるとされています。空気が乾燥する季節など皮膚の乾燥から発症する事が多いとされ、その他、虫さされや細菌感染から起こる事もあります。


主に膝の裏側に発症する場合が多く、かきむしる事で細菌感染が拡大し、貨幣状の丸く拡大した湿疹が広がっていきます。


貨幣状湿疹はサイズも形態もコインの形に似ています。中心部がジクジクした状態で、小さな水ぶくれが集まった状態になっています。強いかゆみを伴い、掻くことで全身に広がる事も事もあります。


また、長期間にわたり症状が続くのも貨幣状湿疹の特徴です。かさぶたができても、ジクジクした状態が治まるうちにかさぶたが剥がれてしまい、常時、体液が分泌する状態が続くケースもあります。


軽いものは副腎皮質ホルモン剤の外用薬を塗り、ジクジクした状態がひどい場合は、亜鉛化軟膏を重ね塗りする事もあります。痒みが起こっている場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が使用されます。


掻いたまま放置していると、湿疹が分厚くしこりのようになってしまい、治療を行うのも難しくなってきます。炎症がおさまったら、バリア機能の低下や掻くことを防ぐ目的で、保湿する事が大切になります。


貨幣状湿疹は、初期の段階でしっかり治療を行う必要があります。皮脂欠乏性湿疹やかゆみがひどい場合は、掻きむしる事で自家感作性皮膚炎へつながることがあるので、注意が必要です。

 



 

皮脂欠乏性湿疹の症状と治療対処法について


皮脂欠乏性湿疹は、皮脂の分泌が悪くなる事で皮膚が乾燥して起こります。ひどくなるとひびわれや皮膚の表面がカサカサと粉をふいたようになります。皮膚のバリア機能の低下からチョットした刺激にも敏感になる皮膚の状態になります。


原因の多くは、加齢に伴って皮脂の分泌が少なくなって、皮膚の表面をうるおす皮脂腺がつくられにくくなるために起こります。その為、高齢者に多い皮膚疾患でしたが、暖房器具の普及や過度の入浴等から比較的若い年齢層の人にも見られるようになっています。


皮膚の乾燥から亀裂や粉ふきの状態であれば、保湿剤を塗ることで、かゆみを抑えて肌を保護すれば症状が抑えられますが、症状が進行するとかゆみを伴うようになり、かいた跡が残り赤みを帯びて湿疹化します。膝より下から足首にかけてよく見られます。


治療を行う場合、乾皮症程度であれば、乾燥を抑えるために尿素などの入った保湿効果のある軟膏を塗ります。かゆみを伴い、ひっかき跡のある場合はステロイド外用薬を使用します。又、飲み薬についてはかゆみは抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を使用します。


セルフケアとしては、部屋の乾燥を防ぐために加湿器などを使用し、アルコールの摂取は控えるようにしましょう。入浴時に肌を強くこすってしまうと更に皮膚表面の状態を悪くしてしまうので注意が必要です。


空気が乾燥する冬の季節は、皮膚も乾燥しやすくなるので、肌のカサつきを感じたら、早めに保湿剤を使用して、皮膚を保護することを意識し、かゆみがでてきたら、皮膚科を受診するようにしましょう。





 

壮年性脱毛症の原因と治療や対策について


壮年性脱毛症は、老化から起こる老人性脱毛症と違って、比較的早い時期に脱毛が始まるものです。若年性脱毛症、男性型脱毛症などともいい、女性にはほとんどみられません。


原因には、遺伝性の他、ホルモンバランスが関係していると言われてります。毛髪の成長にはホルモンが密接に関係していて、女性ホルモンには毛髪の成長を促進する作用が、男性ホルモンには逆に毛髪の成長を抑える働きがあります。


男性ホルモンが多く分泌されると、毛髪の根元、毛包を萎縮させ、その為、髪の毛の成長が阻害されます。


症状の現れ方として、毛髪のトラブルは頭頂部や前頭部から、左右とも同じように始まり、一定範囲の毛髪が次第に細く小さく、柔らかめの状態に変化していきます。但し、かゆみはありません。


老人性脱毛症では、毛包自体が喪失していきますが、壮年性脱毛症の特徴として、初期の頃は、毛包に変化はなく、硬い毛が生えなくなる等があります。


初期の前触れとして急にふけが増えたり、抜け毛が多くなる等が見られ、進行するとやがて毛髪が抜けていき、さらに髪全体がすっかりはげあがって、毛包も失われていく状態へと進んでいきます。


頭皮の血液の流れを良くすることで改善するケースもあり、血行拡張作用のあるミジキシジルなどの薬剤が用いられます。女性ホルモンを含んだ育毛剤を塗布する場合もあります。


育毛剤や薬剤を使っても効果が見られない場合は、植毛やかつらに頼ることになります。ストレスや不規則な生活も毛髪の敵ですから、ストレスを軽減し、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を摂ることも大切です。


名古屋クリニック院長の岡嶋研二医師の血液学の研究から判明したIGFー1を増やす育毛法も試して見る価値はあります。IGFー1は、心身の健康に欠かせない物質として、思春期をピークに分泌する成長ホルモンの主要な作用を担っているとされる物質です。


重要な作用の一つが毛母細胞の増殖の促進による育毛や発毛ということなので、IGFー1を増やす栄養素としてイソフラボンとカプサイシンを同時に摂ることが良いようです。豆腐とトウガラシの組み合わせ等。




 

冬の皮膚のかゆみ 原因と乾燥対策について


かゆみ自体は痛覚の一種で、微妙な痛みを感じるものですが、乾燥する冬場には、かゆみをともなう症状が太ももやすね、脇腹、腰にかさつきとともに現れやすくなります。かきすぎから湿疹やかゆみが原因で軽い不眠になる場合もあります。


健全な皮膚には、皮膚表面に皮脂膜が覆っていて、体から余分な水分が蒸発するのを防いだり、異物の侵入を阻止する役目をしています。また、皮膚の保湿作用により適度な潤いも保っています。


加齢とともに皮膚の老化も進んでいきますが、皮脂腺や汗腺の働きが悪くなり、また皮膚細胞の新陳代謝が悪くなることで保湿力も低下してくることで、皮膚が乾燥しやすい状態になります。


冬場の低温で乾燥しやすい環境では、皮膚から水分や皮脂を奪われやすい状態にあり、気温が低くなると汗や皮脂自体の分泌量を減ってくるため、かゆみを起こしやすい状態になります。


乾燥から炎症が表皮に起こると、かゆみを感じる神経が皮膚の深部から表皮まで伸びてしまうことから更にかゆみを感じやすくなります。また、炎症が原因でヒスタミンが放出されると神経の刺激を増やし、かゆみを増長する事になります。


乾燥する時期でのかゆみ対策としては、保湿剤の使用を続けるのが基本です。保湿剤には、主に角質細胞間脂質や油脂等が含まれていますが、各メーカーにより、成分の配合が違うため、自分に合ったモノを見つける必要があります。


朝晩使用するようにし、お風呂上がりに塗る場合は、皮膚が乾燥する前に使用するようにしましょう。又、かゆみをなるべく起こさない工夫として、身体を洗うときは皮膚を強くこすらないようにしたり、衣類等は皮膚に刺激を与えないものを着用したりしましょう。





 

カンジダ症の症状と原因や治療について


カンジダは、カビの一種で、口の中や消化管、膣などに生息している常在菌です。なのでカンジダ菌が生息していても特に問題はありませんが、免疫力や、身体の抵抗力が落ちると異常繁殖してカンジダ症を発病します。


口腔内や膣、亀頭、肛門周囲、皮膚の擦れ合う箇所に多く見られます。


原因、免疫力の低下によって、カンジダが異常繁殖する事によって起こります。そのため、乳児、糖尿病や免疫不全、長期間抗生物質や副腎皮質ホルモン薬の投与を受けている人などによく見られます。


症状としては、女性の場合、膣や外陰の周囲にほてりやかゆみなどが現れます。人によりおりものの色が変化したり、糊状に変化したりします。


男性の場合は、尿道に菌が付着していても、排尿時に流し出す事で感染する事は少ないですが、陰茎の包皮の部分をよく洗浄しなかったり、いつも湿った環境にしておくとかゆみや痛みが現れる事があります。


亀頭部のカンジダ症は包茎の人に多く見られます、小さい膿をもつ発疹が破れる事で、ジクジクした状態になります。


カンジダは、湿潤している部分に限られます。口腔内では、口腔粘膜に白いコケのようなものが付着します。特に自覚症状はありませんが、潰瘍化すると痛みます。


皮膚がこすれ合うヶ所では、かゆみを伴った紅班や浅い水泡が現れます。小水泡は容易に破れ、じくじくしてきます。


極軽いカンジダ症であれば、自然と治癒するケースもあります。一般にカンジダ症の治療としては、口腔内にできるもの以外は、抗真菌薬を使用します。そして局部が乾燥する事を促進させます。


カンジダ菌は、湿った箇所を好みます。予防するには、カビが繁殖しやすい環境を作らないようにする事が大切になります。又、免疫力を下げてしまう要因になるので、ストレスや疲れをためない生活を心がける事も大切です。






 

皮膚の疾患記事一覧

  • 貨幣状湿疹の症状と治療について
  • 皮脂欠乏性湿疹の症状と治療対処法について
  • 壮年性脱毛症の原因と治療や対策について
  • 冬の皮膚のかゆみ 原因と乾燥対策について
  • カンジダ症の症状と原因や治療について