スポンサードリンク

病気と症状 治療 原因 予防の辞典 > 肺 呼吸器の病気

じん肺症の原因と症状、予防が大切です


じん肺症は、空気中に浮遊している粉塵を吸い込み、吸入された粉塵が肺に蓄積され、その刺激によって肺の働きを悪くする疾患です。土石採取場等で働く人達の職業疾患として知られています。


5ミクロン程のサイズとなっている微粒子になった粉塵は、鼻腔粘膜などを通過し、肺の奥まで侵入し次第に溜まっていきます。粉塵は、肺の中に沈着し、生体反応を起こし、繊維性の病変を起こします。


粉塵の蓄積から更に線維化が進むと、肺機能が衰え、十分な酸素が取り込むことができなくなり、呼吸困難などを生じるようになります。


粉塵となるものには、良く知られているもので、珪石や石英、水晶、アスベストがあります。また、滑石やセメントの粉塵、アルミや鉄やスブなどの金属粉、線香の粉、綿クズもじん肺症の対象になります。


じん肺症の多くは、ゆっくり進行していく慢性タイプで、粉塵を吸い込む環境で生活をしていても、初めの頃は、ほとんど症状はありません。


呼吸に関する様々な症状が出てくるのは、個人差もあり、1年から数年で、出てくる人もあれば、10年経過した頃から症状が出てくる人もいます。


急性型の人でも、1年〜数年かかってしまうため、かなり進行してから咳やたん、胸痛、息切れなどの症状が起こってきます。倦怠感、体重の減少、労作時だけでなく、安静時にもうまく呼吸ができない状態になります。


現在のところ、じん肺症には、確実な治療法がありません。病気を発症してから、仕事の環境を変えても、一度発症したじん肺症は、年月とともに少しずつ進行していきます。対症療法的に痰を除去したり、酸素吸入を行う事になります。


治療を行うのが困難な為、大切な事は予防に務める事になります。粉塵を吸い込む場所で、仕事をしている人は、防塵マスク等を使用して予防面に配慮することが大切です。又、定期的に肺の状態を専門医で診てもらうことも必要です。

 



 

急性鼻炎の症状と治療対処法について


急性鼻炎は、ウイルス感染から起こる風邪の症状の一つで、鼻風邪と呼ばれています。ウイルスや細菌への感染、チリやホコリなどによる刺激が原因で、鼻粘膜に炎症を起こします。


機構の変化や過労やストレス、睡眠不足などが重なって、身体の抵抗力や免疫系の働きが弱くなっていると、急性鼻炎を起こしやすくなります。


くしゃみ、鼻水、鼻づまりが特徴で、頭痛や悪寒、発熱もあります。全身倦怠感、筋肉痛など風邪の症状をともない、症状が進むと粘り気のある鼻水から、鼻づまりを起こし、嗅覚が低下したり、鼻声の状態もひどくなります。


炎症が気管や咽頭部まで広がってくると、全身のだるさもひどくなったり、喉の痛みも強くなり、腰部や関節痛、下痢や吐き気を訴える事もあります。


通常急性鼻炎は、身体を温めて睡眠時間を確保し安静にしていれば、1週間程で治癒していきますが、膿のような鼻水が改善されない場合はは蓄膿症、難聴や耳通がおさまらない場合は急性中耳炎の疑いがあります。


熱が高かったり、鼻水の状態がひどい場合は、解熱剤や抗生物質などを使用して治療を行います。


又、完治する前に、過労やストレスのある生活を再開すると、喉に炎症が広がって、扁桃炎や気管支炎を合併する場合もあります。鼻風邪と侮らないで、シッカリと治療を行うことが大切です。


急性鼻炎の予防には、免疫力を上げて、ウイルスに負けない健康な状態を保つことが一番です。その為には健全な食生活、適度な運動、十分な休息、ストレスの解消、節煙、節酒など、生活習慣全体を改善することが必要です。


食事改善は、即、実行可能で効果的な予防法です。粘膜の形成、強化に欠かせない蛋白質は、食性にあった植物性のもの、納豆や豆腐など大豆製品を主に摂るようにしましょう。





 

気管支喘息の原因(ストレス・アレルギー・感染)について


気管支喘息は、アレルギー性疾患の一つです(アレルギーの関与は70%程)。発作を起こすアレルゲンには、ダニや花粉などの異種タンパク、ハウスダスト、化学物質、環境汚染物質等があり、そうして微小なアレルゲンが肺胞まで運ばれて発作を起こします。


アレルゲンを吸い込むこと、体はこれを排除しようとしてせきや痰を出し、気道の内腔を狭めます。こうした反応が強くなると、息苦しさや呼吸困難を招きます。主に夜間や明け方に、喘鳴やせき、胸苦しさを伴います。


アレルギーとは無縁の、感染型の気管支喘息が残りの原因の30%になります。成人になって発症する喘息の多くがこれに感染型にあたり、10年〜20年という期間を経て、タバコや排気ガスなどの有害物質が慢性気管支炎を起こし、喘息になると言われています。


アレルギーが関与している喘息は、副交感神経が優位になる事で、白血球のリンパ球の割合が顆粒球よりも増えることで起こりやすくなります。リンパ球の増加は、外界の刺激に対して過剰に反応してしまう状態をつくります。


又、副交感神経が優位になると、血管が開き過ぎて、血液が流れにくくなる影響でアレルゲンが体内にとどまるので、発作が起こしやすくなります。


花粉症もアレルギー反応ですが、喘息の症状は起こりません。花粉のサイズが直径20〜30ミクロンと大きく、粘膜や繊毛の働きで肺胞まで届かない為。喘息の治療で薬をエアゾルにして吸入するのは、薬を粒子化して肺胞まで届くサイズにするためです。


ストレスに対する耐性も副交感神経が優位になると弱くなり、チョットした事で心が傷ついたり、不安感が増したり、マイナスの感情が心を支配するようになります。こうした心の状態が、喘息発作に関係してきます。


喘息発作の治療では、対症療法的にステロイド剤をはじめ、気管支拡張剤や抗アレルギー剤等が使用されます。但し、長期の使用は、交感神経を緊張させる作用があり、新たな病気の発症に繋がる事も考えられるので注意が必要です。


食性に合った食事で栄養満点にする工夫を基本に、腸内環境を整える、身体を温める工夫を行って、体質の改善を行うことが大切です。





 

肺線維症の症状と治療法について


肺線維症は、肺を形成している肺胞や毛細血管などの組織や、組織間を充たしている結合組織と呼ばれる部分が侵され、線維化した状態になり、最終的には肺が硬くなってしまう疾患です。


線維化された肺組織は、正常な機能が障害される事になり呼吸困難などの症状を起こします。肺線維症は、50歳以上の人に見られ、呼吸困難と激しい咳が続くことから診断を受けに来る人が多く、発症後5年以内30〜50%の人が生命を失う危険な病気です。


肺組織の硬直化から、ガス交換が十分に行えない為、頻繁に息切れするようになります。呼吸困難は、運動時に起こりやすいですが、そんなに激しい身体の動きでなくても生じます。激しい音を伴ったかれたせきで、爆発的に生じます。


粘り気のあるたんなどの分泌物が、気管や気管支などを通過するときに独特の音があります。これは、空気を吸った時に聴かれる雑音で、かれた感じのもと、湿り気を感じさせるものとがあります。


原因として、遺伝説とウイルス説が考えられています。遺伝説は肺線維症を起こす遺伝子が存在する染色体が特定されています。患者の近親者に発病しているひとがいるかどうかいう点が遺伝説の大きな裏付けとなります。


ウイルスの感染が原因であるというウイルス説はかなり以前から考えられていました。実際、多くの患者が何らかのウイルス感染症にかかっていて、呼吸困難を起こしています。


肺線維症の治療は薬物療法が中心になります。ステロイドや免疫抑制剤、線維化を防ぐか抑制する薬が処方されます。肺線維症の薬物療法は、完全治癒を目指すものでなくあくまでも症状の緩和が主になります。


十分な呼吸が行えない場合は、酸素吸入や人工呼吸が必要になります。薬物療法を行っても症状の改善が見られず、更に悪化している場合には、肺の移植手術も考慮されるようになります。


 



 

肺化膿症の原因と症状について


肺化膿症は、肺に細菌が感染して化膿性の強度の炎症を生じ、肺組織が壊死したり空洞化していく疾患です。肺組織が壊れ、空洞化したところに膿がたまる事から肺膿瘍と呼ばれる事もあります。


肺炎から化膿症へと進展するものや口の中のものや喉に生息している細菌を誤嚥により肺へ送り込んだり、他の場所で感染した細菌が血液の流れに乗って運ばれてきたりと感染経路は多岐にわたります。


原因菌には、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌、大腸菌、紡錘状菌などがあります。


続発性肺膿瘍と呼ばれるものには、肺がんや気管支拡張症、肺気腫などの肺の疾患から引き続いて起こっているものもあります。


寒気やふるえを伴う発熱、全身倦怠感、頭痛、せきや痰、胸痛や息苦しさ、重症化すると体重減少などが診られます。初期の痰は少ないですが、状態が悪くなると多量に出てきたり異臭を放つ事もあります。


多くの症例で喀血が見られ、多量の喀血がある場合もあります。黄色ブドウ球菌の感染から肺化膿症となっている場合は、急激に症状が進みます。


診断は、胸部X線検査写真から陰影を読み取り、病巣の確認を行います。また、CT検査も有用。その他、病巣の分泌物の検査、気管支鏡検査、気管支造影検査、血液検査で白血球の増加やCRPの数値も見ます。


治療では、抗生物質による投与が必要になります。また、膿が多量にたまっている場合は、カテーテルで溜まった膿を排出したり、手術を行って病巣を切除する必要があります。

 



 

肺 呼吸器の病気記事一覧

  • じん肺症の原因と症状、予防が大切です
  • 急性鼻炎の症状と治療対処法について
  • 気管支喘息の原因(ストレス・アレルギー・感染)について
  • 肺線維症の症状と治療法について
  • 肺化膿症の原因と症状について