スポンサードリンク

ネフローゼ症候群の治療と食事療法


ネフローゼ症候群は、蛋白質を含んだ尿が多量に排出される事から血中の蛋白質の量が少なくなり、その為、血中の蛋白質が減少している状態の事を言います。血中の蛋白質が減少すると高度のむくみが生じます。


蛋白質を補うために、高蛋白食を多めに摂ることが、以前はすすめられていましたが、蛋白質が消化される過程で生まれる窒素化合物が、腎臓の糸球体や尿細管に余分な負担をかける事で、逆に腎臓の働きを悪くすることがわかってきました。


その為、現在では蛋白質の摂取を減らす食事療法が行われています。特に蛋白質を摂る量を制限されているのは、薬で治療を行ってもあまり効果が現れないタイプのネフローゼ症候群です。


蛋白質摂取の食事療法では、少量の蛋白質でも栄養的な価値が上がるように、アミノ酸スコアの高い良質のものを選ぶ事が大切になります。


ひどいむくみが生じている場合は、適度な塩分制限が必要です。但し、治療で、ステロイドや利尿剤を使用している場合は、塩分制限を行う事で、低ナトリウム血症、低カリウム血症などを引き起こす事もあるので注意が必要です。


1日に摂取する塩分は、3g以下に制限する事と水分量にも制限が加わります。むくみの状態が改善されると、塩分の制限もゆるやかになってきます。


ネフローゼ症候群は、脂質異常を伴う事から、動物性蛋白質を摂る時は、なるべくコレステロールの少ないものを選ぶ事が大切になります。


体温の高い動物の脂肪分は、体温が動物よりも低い人のカラダの中では、固まりやすく血液やリンパの流れを悪くします。脂質異常症を進行させないためには、飽和脂肪酸を控え、不飽和脂肪酸をとることがすすめられます。


脂は、酸化しにくい、αリノレン酸系の脂、エゴマ、シソ、亜麻仁の脂を摂るようにしましょう。低蛋白食を実施している場合は、適正で十分なエネルギーをとることも重要です。穀類、イモ類、砂糖、油脂などで、必要なエネルギーを補給します。


 

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!