スポンサードリンク

鉄欠乏性貧血の原因と対処法について


鉄欠乏性貧血は、貧血の中でも最も多いタイプです。カラダは、鉄と酸素の結びつきやすさを利用して、赤血球の中心に、鉄分を抱えています。その為、身体内に鉄分が不足しているとヘモグロビンがつくれなくなり、酸素との結びつきが悪くなります。


鉄分不足の原因としては、いろいろな要素が考えられます。食事自体にそもそも鉄分が不足している事、食事から一日12mgほど摂り入れたいものですが、偏った食事をしていたり、女性では、ダイエットの為と称して、野菜だけという食事をしていると鉄分不足の状態になります。


又、食事から摂った鉄分も腸で十分吸収できない状態にあると不足を招きます。消化器系の疾患を抱えていて、腸からの吸収がうまくいかないと、鉄分の吸収が妨げられ、鉄不足につながります。


潰瘍やがん、腸管の傷、女性の場合では、子宮筋腫などの疾患があって、長期にわたり出血をしている状態が続いてしまうと、慢性的に鉄分不足の状態を招きます。妊娠中の女性や授乳中の女性は、体外への出血や母乳中に含まれる鉄分が体の中から無くなることから鉄分不足の状態になります。


溶血性貧血などで、赤血球自体が壊れてしまう疾患になるとおしっこから鉄分が排泄されることになり、不足状態を起こすケースがあります。


現代人には、生活習慣、ライフスタイル、栄養バランスの欠いた食事の影響などで、酸素不足になっている人が多くなっています。


顔色、つめの変化、ちょっとした動機や息切れ、めまいや頭痛、全身がだるい、疲労が取れないなどといった不快な症状がある場合は、貧血が関係しているかもしれません。


鉄欠乏性貧血の場合は、鉄分を適度に補うことで、改善されるため、身体の不調を感じたら、早期に診断を受けることが大切になります。






 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!