スポンサードリンク

胆石の原因と治療について


胆石は、胆汁はコレステロールの成分が石灰化して、胆嚢や胆管を塞いでしまう疾患。その為、食事、間食などで、脂肪分の多い食べ物を毎日摂り過ぎていると、中性脂肪値、コレステロール値を上げて胆石を起こしやすくなります。


胆石は、出来る場所により、胆嚢胆石、胆管胆石、肝内胆石に分けられ、その成分によって、ビリルビン、コレステロール結石などにも分けられます。サイズもできる数も異なります。


胆管、胆嚢などに石がつまってくると、腹部上部に激しい痛みがでてきたり、熱や熱にともなう寒気などがでてきます。通り道を結石が塞いでしまうと肝臓に胆汁がたまることもあり、黄疸症状から、皮膚などが黄色みがかかってくことになります。


以前は、石の種類として、ビリルビンが多かったですが、現在では、コレステロール石が多くなっていて、全体の7割を占めるほどになっています。


治療法として、手術により、結石を取り出す方法、又、レーザー光を照射して、石を砕く方法、薬を使用して、石そのものを溶解していく方法などがあります。


日本人にも胆石になる人が増えていますが、その原因として、脂肪分の多い食事が背景にあります。元々、胆汁には、成分として、コレステロールを含んでいますが、


普段から、コレステロールの多い食事を摂ることで次第にその濃度も高くなってしまうことが関係していると考えられています。






 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!