スポンサードリンク

坐骨神経痛の原因と対処法について


坐骨神経痛は、神経痛のなかでも最もおこりやすいもの、坐骨神経自体は、おしりの裏側から足の先まで広範囲に広がっていますが、神経痛を起こす原因を、比較的ハッキリとしています。


膝から足首にかけて広がっている末梢神経であるため、坐骨神経痛から生じる痛みも、ふくらはぎから足の裏側まで及んでいて、他の神経痛と違った痛み方を感じます。長い時間、連続的に痛みが続くのが特徴です。


坐骨神経痛の原因は、比較的見つけやすく、椎間板ヘルニア、腫瘍などの病気が関係しているもの、外傷などにより神経が傷つけられて起こるもの、圧迫、寒冷、湿潤などの刺激がきっかけとなって起こるものなどがあります。


又、お酒の飲み過ぎ、ニコチン障害などが神経痛につながるケースもあります。太ももの後ろ側、ふくらはぎ、足の先まで、広範囲に及ぶ痛みが坐骨神経痛で現れる痛みの症状の特徴です。


睡眠時も寝返りをうつだけでも激しい痛みの為、目を覚ますこともあります。立ち上がったり、歩き始めたりするときなどに激しい痛みがでてきます。


坐骨神経痛は、他の神経痛と違って、原因の特定が比較的わかりやすい神経痛です。そのため、治療では、原因の特定を行うことが第一歩、そして、原因となっている病気をしっかりと治療することが大切になります。


痛みを抑えるために消炎鎮痛剤などが処方されますが、そのほか、患部を温めることを目的に、ホットパックを使用したり、温泉に入るなども痛みの緩和に効果的とされています。




 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!