スポンサードリンク

心筋梗塞の予防法と対処法


心筋梗塞は、冠動脈の血流がストップしてしまい、血液の流れが止まったカ所の細胞が壊死してしまう疾患です。動脈硬化の進行と関係しているので、60歳を超えている人、そして、男性に比較的多く見られます。


血中のコレステロールや中性脂肪の数値の高い人に多く見られます。動脈硬化がかなり進行している人の場合、気温が急に下がってきたり、逆に蒸し暑い梅雨時、台風が発生する前後、お酒の飲みすぎの人などは、注意が必要です。


心筋梗塞が起こりやすい条件は、できるだけ避けるようにすることが予防につながります。規則正しい生活、睡眠をシッカリととる、禁煙はもちろんのこと、太り過ぎなど、体重にも注意がすることが必要です。


食事は、塩分控えめのものを意識して、伝統的な和食を基本にするのがベストです。予防の良い栄養素としては、食物繊維やカロチノイド、フラボノイドなど酸化を抑える栄養素、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は、バランスよくシッカリと補うことが必要です。


葉酸やビタミンB2、B6、B12などの微量栄養素は、動脈硬化を促進させる物質のホモシステインが血中に増えるのをおさえてくれます。


動脈硬化を抑え、血管が若返らせる、血管の細胞の新陳代謝の働きを良くしていくために、食性に合った食事への改善、睡眠、適度な運動を行うことも大切です。





 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!