スポンサードリンク

過敏性腸症候群の原因と性格等について


過敏性腸症候群は、下痢や便秘などの便通以上を繰り返す疾患です。腸の運動の働きが低下してくることから起こります。但し、どうして運動が低下してくるのかといった原因はハッキリと特定できていません。


但し、過度なストレスからくる自律神経のバランスの乱れなどが関係しているとされています。通常であれば、自動車のアクセルにあたる交感神経とブレーキにあたる副交感神経は、丁度よいバランスをとって働いています。


過度なストレスがかかってくると、交感神経の働きが優位となり、十分に水分を吸収してない便を直腸まで押し出すようになったり、便が腸を通過する働きが悪くなったりします。人により、腸が痙攣を起こした状態になったりします。


過敏性腸症候群でみられる、下痢や便秘、またその両方を繰り返し起こす症状は、こうした仕組みから起こるのでは、と考えられています。


ストレスが多いに関係している疾患なので、性格的に神経質で生真面目な人、敏感で、ストレスに対して過剰に反応をする人、そして、忙しさの為、身体を酷使する状態にある人などは、特に注意が必要です。


腸の炎症には、ストレスが多く関係していますが、その他に、体質やホルモンの状態、免疫系の働き度合いなども、同時に関係していることを考慮する必要もあります。





 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!