スポンサードリンク

肺炎の原因と治療法 対処法について


肺炎は、細菌やウイルスなどの感染によって、肺に炎症を起こしている症状のことをいいます。高齢者や何らかの原因によって体力を落としていて、免疫力が低下している場合にかかりやすくなります。


感染源である、ウイルスや細菌等は、息をする時に口や鼻を通して身体になかに入ってきます。免疫力がシッカリと働いている時は、防御してくれますが、喉に炎症が起こった状態では、ウイルスなどが肺に容易に侵入してきます。


肺炎自体は、最近では、抗生物質の働きによって、昔ほど、恐ろしい病気ではなくなりましたが、すべての肺炎が抗生物質の使用で治癒されるというわけではありません。


肺炎というと、昔は、寒い冬には部屋を密閉して障子が濡れてしまうほど湯気を立てて、部屋を温めると同時に部屋の空気を湿らせることが最も大切な対処法でしたが、抗生物質のおかげて、冬期の場合もあまり厳しく言われなくなりました。


最近では、抗生物質に耐性を示す、ブドウ球菌が増加しているといわれています。熱が高い症状が続くと食欲もわきませんが、熱が下がってくれば、自然と食欲もでてくるので、栄養を十分に摂取することが大切です。


肺炎で見られる症状には、咳、高熱、悪寒、胸痛、喀痰、呼吸困難などがあります。普通は、こうした症状が数日間続きますが、年配者の場合、食欲がなかったり、何となく元気がないなどの症状が目立っている場合がるので気をつける必要があります。


一般的な肺炎の対処法としては、室内温度、20度、湿度、60パーセントくらいに保つように、とくに明け方は室内温度が非常に下がり、病人の体温もさがるので気をつけるようにします。


高齢者や幼い子供が肺炎にかかっている場合、気温の変化に非常に敏感で、気温の変化から病状が悪化することがあるので、室内温度には特に気を配る必要があります。


高齢者の肺炎では、心臓衰弱などの症状も特徴です。身体が衰弱していくのも早く、短期間のうちにぐったりとしてしまいます。高齢者は、特に熱がでていなくても、予後が長くなりがちなので、長い場合は数年の期間にわたって注意をする必要がでてきます。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!