スポンサードリンク

間質性肺炎の原因と治療法等について


間質性肺炎は、肺の組織が何らかの原因によって、繊維化をおこしてしまい、その為、肺の組織が硬く縮んでいくことで、呼吸をすること自体にトラブル発生し、最悪、生命の危機をも招いてしまうこともある疾病です。


厚生労働省の難病指定されいている疾患で、間質性肺炎から肺がんへと移行することが知られています。又、病気が発症してから10年から15年ほど経過してくる、患者の役5割ほどの人が生命を無くすという統計がでています。


間質性肺炎にはいろいろな型があります。発症原因がハッキリとしていて、推定できる間質性肺炎と、原因が特定できない間質性肺炎の二つに分けられます。


前者の原因としては、薬剤、放射腺、かびなどに対する過敏反応、無気粉塵、膠原病などがあげられます。後者の原因としては、特発性間質肺炎には7つの型があります。


発症原因がハッキリと特定できる間質性肺炎では、原因となるものを、周囲からとりのぞいたり、摂取を中止すると自然によくなるものがあります。


それとは反対に特発性間質肺炎の場合、特に喫煙習慣との関連が深いと考えられるタイプを除いて考えると、一般に進行性で、その程度によって病気のタイプのかなりの違いがあります。


特発性間質肺炎のなかでも特に特発性肺繊維症では、上気道炎やインフルエンザなどの感染症、ステロイド薬の急激な減量などで病気が一気に悪化することがあるので、薬の減量や中止には慎重さが必要になります。


どのような病型の間質性肺炎か、薬剤を利用した治療の中止の可能性はなどについては、医師によく相談することが必要になります。


治療の基本としては、原因を取り除く事が優先されます。それにプラスして、膠原病の場合などは、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤が使用されます。これらの薬剤は強い副作用の現れる恐れがあるので慎重に使用されます。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!