スポンサードリンク

多嚢胞性卵巣症候群の症状と治療法


多嚢胞性卵巣症候群は卵胞が多く卵巣のなかに生成されるため排卵することにトラブルを抱えてしまう疾病です。


多嚢胞性卵巣症候群で見られる症状は、月経異常をはじめ多く見られます。排卵そのものが全く行われるない事もあれば、時々は排卵を起こす場合があります。


中にはホルモンのトラブルから男性化現象が現れてくることもあります。こうした現象が起こる仕組みは、まだ完全に解明されていませんが、脳下垂体のホルモン分泌が過剰に働いた事が原因ではないかとされています。


アンドロゲンという男性ホルモンは、脳下垂体のホルモンバランスが崩れてくると増えてきます。


過剰なホルモン分泌は、にきびが多く出来たり、男性のように声が低くなる、筋肉量の増加、胸や顔など男性と同じ箇所に体毛が現れるなどの、男性の生理現象のような症状が見られるようになります。


多嚢胞性卵巣症候群で行われる検査には血液検査に加えて、糖負荷試験、またはインスリン抵抗性の検査がおこなわれる場合もあります。


これらの検査は、診断や治療方針を決定する上で必要なものではありませんが、多嚢胞性卵巣症候群の女性ではインスリンの分泌量が増加する、又は、分泌されたインスリンが正常に働かない場合が多く見られます。


その結果として、過剰な体重が増しになったり、減量を行う事が難しくなるといった傾向が現れてきて、多くの人は肥満症を起こしやすい身体になります。


多嚢胞性卵巣症候群では、現在のところハッキリとした治療法は、確立されていません。一般的には肥満の状態をまずは解消することに主眼が置かれいます。行われる治療法には、クロミフェン療法、ゴナドトロピン療法、メトホルミン療法などがあります。


本人が妊娠を希望しないケースや、症状が重症でない場合は、病気の経過を観察するだけといった事もありますが、重症化しているケースでは、薬物を使用した治療が必要となってきます。


妊娠を希望する場合では、排卵を促すような薬剤や黄体ホルモンを周期的に活用する、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを治療する治療法の他に、卵巣の表面に孔を開けて排卵を起こしやすくなる治療などが行われます。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!