スポンサードリンク

脳梗塞では初期症状に注意が必要


脳梗塞を起こしてしまうと生命の危機を伴うか?たとえ生命が助かったとしても身体に深刻なダメージを与えてしまいます。重篤な症状を回避するためには、初期症状を見逃すことなく適切な対処を取ることが極めて大切になります。


脳梗塞の初期症状で見られるのが一過性虚血発作ですが、この症状は、見逃しやすい症状なので注意が必要です。脳梗塞での緊急入院、これは発見されるほど発作がひどかった人と同義語です。


発作症状は、突然現れるように見えますが前触れとして、周りの人には気付かないほどの軽い発作を起こしていながら、一過性の発作の場合で、本人もハッキリと意識があるために見過ごされようになり、発作症状に気付かない人が多くいます。


初期の症状は、その場で立っていて倒れたなどの大きな変化がなく、少しの間意識が遠のくだけで、周囲にわからないようだと本人にも異常が認識できない場合があります。


手足の痺れや半身麻痺、めまいや頭痛を訴えます。軽症の場合でも意識を失うこともありますが、意識が中途半端にあったり、現れた症状も一時間程度で改善するので、本人も大丈夫と言い聞かせたりするために自然と治まりそのまま放置をしてしまいがちです。


脳梗塞の場合、その初期症状である、発作を起こす前兆として片手や片足が思うように動かさなかったり、言葉が急にもつれたり、突然、物が二重に見えたりという一過性虚血発作がみられることがあるので、こうした前兆があれば、軽く思わずに、すぐにでも医師にかかることが先決になります。


初期症状についてまとめたものです。

身体の片側の腕や脚に筋力低下や麻痺の発生、片方の眼がかすみ、視力の喪失、精神的な錯乱が起こり、会話を行う事も会話の相手の話の理解も難しくなる。


身体バランスを整えるのが困難となり足ももつれや転倒を起こしやすくなる、きつい痛みを伴った頭痛の発生、半身の腕や脚の感覚の喪失


上記の症状以外にも脳梗塞の初期症状には様々な症状が出てきますが、一般的にその症状も10分〜15分程度の時間で治まってきて、一日を越えて上記のような症状が継続することはありません。脳梗塞は、初期の症状に気付きすばやく専門医の治療を受ける事が極めて大切になります。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!