スポンサードリンク

膀胱炎の症状と治療のポイントについて


膀胱炎は、尿道が短い構造になっている女性に多く見られる病気です。一回膀胱炎を起こしてしまうと何度も繰り返し起こしてしまう病気なので、再発しないように注意して予防をシッカリと行う事が大切です。


尿道から膀胱に雑菌が入ってくる事から膀胱炎となりますが、膀胱炎に入ってきた雑菌が尿管を遡り腎盂へ移動して腎臓に炎症を起こしてしまう疾病が腎盂腎炎になります。


腎盂腎炎を起こしてしまうと膀胱炎と比較してその症状も重くなり、高い熱がでてきます。膀胱炎を起こしていると自覚したら検査をシッカリと行って早期の段階で治療を行っておく事が腎盂腎炎を予防するポイントになります。


膀胱炎の主な症状は、排尿時の痛みです。尿を出している時、尿をした後の痛みがあります。その他では、残尿感や、尿をする回数が多くなったりするなどが膀胱炎で見られる症状です。


血液が尿に混じった血尿や尿が濁ったり、炎症がひどくなると匂いを放つこともあります。普通、熱は出ないですが、腎盂腎炎へと進行したり、前立腺炎の症状を同時に起こしている場合は、熱を発するようになります。


膀胱炎発症に関係する細菌は、大腸菌になります。便の中に含まれている大腸菌が尿道の出るところ周囲に付着して、付着して大腸菌が尿道を上がってきて膀胱炎を起こすことになります。


膀胱炎は比較的簡単に治癒していく病気とされていますが、主に行われる治療法としては抗生物質の服用があります。抗生物質を3〜5日服用すると症状が軽い場合は、1日で症状が改善されますが、細菌を根絶やしにするために薬の服用を継続する必要があります。


3日を経過しても症状が残る場合は抗生物質の効果があまりないので、早めに再検査を行う事で最初に処方したものとは別の抗生物質に切り替える必要があります。


治療中のポイントしては、身体の安静状態を保つ事や刺激の強い飲食物はできるだけ避けるようにすることが大切です。又、水分も普段よりも多めにとることが必要です。水分を摂る場合、体温程度に温めたものをとるようにしましょう。


 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!