スポンサードリンク

白血病の原因と治療法について


白血病は、血液の癌と言われています。骨髄で作られる白血球が制限無くつくられてしまい、できたばかりの白血球の血中での量が著しく増える病気です。


白血病の原因については、まだハッキリとした事は解明されていません。放射線に長時間さらされた後の発病率が非常に高く、マウスの白血病ではウイルスが見つかったという報告もあります。


化学物質や電磁波の影響も発病に関係していると言われていますが、今のところハッキリトした原因のすべてが理論的に確立されているわけで4はありません。


日本では白血病が原因となる死亡率も0.03パーセント程とわれていますが、最近の傾向として増加傾向あるようです。


原爆などの放射能の被爆者のなかから数多く発生している事は良く知られています。放射能に関連して、放射線を取り扱っているレントゲン技師や、放射腺治療を受けた人の発生率も高くなっています。


白血病の状態は、急な経過をたどる急性白血病と、ゆるやかに進行していく慢性白血病に分けられています。また増殖をしていく白血病の種類によって骨髄性、単球性、リンパ性に分けられています。


白血病の中では、急性白血病がそのやく3分の2を占めていて、3分の1が慢性白血病です。子供の場合は、ほとんどが急性白血病になります。


急性白血病は、突然に現れます。発熱、だるさ、皮下、歯根や鼻などからの出血と貧血、関節痛などが主な症状です。初期の頃に現れてくる症状が貧血ということもあるので特に注意が必要になります。


慢性白血病の中でも慢性骨髄性白血病がその多くを占めます。多くのケースでは何時発病したのか、ほどんとわからない場合が多いです。身体のだるさや貧血症状などがあって、脾臓や肝臓の他にリンパ節に腫れの症状が現れれる人もいます。


白血病は、他の癌の疾患のように手術による治療を行う事はできません。化学療法などがここ数年に著しく進歩して、骨髄中の病的な白血球の数は少なくすることができるようになりました。


児童に起こる急性リンパ性白血病などの場合は、特に化学療法による治療が効果を上げています。白血病は、不治の病とされることは無くなりました。


例外として、大人の急性骨髄性白血病の治療は難しいとされています。大人の場合は、抗がん剤を作り出されるのに、2〜3週間の時間が必要です。その間に細菌の感染や出血などを起こす危険な状態に陥ります。


白血病は、血液検査を行う事によって、白血球の細胞が化学療法の働きで、どういった変化をするのか、追求ができるようになっているので、抗がん剤の効果を臨床的に確認していくことができます。


 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!