スポンサードリンク

とびひの症状と治療について


とびひは、黄色ブドウ球菌が感染することから発症する皮膚病です。とびひは、夏期に多く見られます。伝染性膿か疹とも呼ばれています。


とびひに罹っている子供がプールに入水すると他の子供に感染したり、虫に刺された箇所が化膿してしまい、とびひとなったりします。


とびひは、皮膚の弱い子供やアトピー性皮膚炎などの疾患のある子供に多く現れる皮膚病です。皮膚が弱体化したり、アトピー性皮膚炎などの症状を持っていると、皮膚に傷害をおこしやすく感染を起こしやすいからです。


とびひになると水疱ができますが、できた水疱が壊され、菌が他の箇所へ移動すると、また移動した箇所に水疱が現れるといった非常にやっかいな皮膚病で、早期の段階で治療を行うことが望ましいとされています。


とびひを起こすといわれている細菌は、黄色ブドウ球菌と連鎖球菌の2種類とされ、それぞれの細菌によりひきおこさされる症状も違ってきます。重症になると発熱を伴ったりブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群になる場合もあります。


とびひの症状で、ブドウ球菌が原因のものは、水疱が現れ、それが壊れてジュクジュクした状態になります。連鎖球菌では、発熱を伴って膿疱がでてきて、そこがすぐにかさぶたになってきます。


ブドウ球菌、連鎖球菌から感染すると、強いかゆみの症状が現れます。手でひっかくと指先に細菌が付着して、細菌が付着した手で他の箇所を触ったりすると、触った箇所が感染をおこします。


とびひになった時に行われる治療では、主に、抗生物質が用いられます。とびひの症状のあらわれている箇所においては外用薬を塗布して、数箇所に症状が広がっている場合には内服薬も一緒に処方されます。


患部は、皮膚が非常に弱くなってしますし、触ると広がっていくので、外用薬を塗った後は、ガーゼど保護します。最近は、一般にブドウ球菌に用いられる抗生物質が効かない、耐性ブドウ球菌が増えてきています。


その場合は、細菌を培養して、どの抗生物質が効くかを調べた上で、治療を行います。抗生物質以外に特殊な外用薬を用いることもあります。


とびひを起こしている箇所を何度も掻いたりすると、掻いた箇所に感染が広がってしまうので、かゆみを抑えるために抗ヒスタミン薬が使用される場合もあります。


とびひを完全に治癒させていく為には、他の箇所に感染するのを防止する必要があります。また身近な人への感染を防ぐためにも、普段の生活にも十分な配慮が必要になります。


注意すべき点は、まず患部をかかないようにすること、そして、爪をきちんと切っておくようにすることです。気付かないうちに患部に接触することあるので、こまめに手を洗うことを心がけ衛生面に配慮するようにしましょう。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!