スポンサードリンク

骨粗鬆症の予防と死亡率について


骨粗鬆症は、閉経期を過ぎた女性に多く見られる疾患です。女性の病気で恐ろしい病気というと子宮がんや卵巣癌などですが、閉経期を過ぎた女性にとって恐ろしい病気は骨粗鬆症といえます。


閉経期を過ぎると、脳梗塞や心筋梗塞などの虚血性疾患が起こりやすいといわれています。こうした病気は死亡率の高い病気ですが、閉経期を過ぎた女性にとっては骨粗鬆症は命に関わる重篤な疾患です。


椎体骨折と大腿頸部骨折になった人の5年間の生存率を調査したデータがあります。このデータによると、椎体骨折後の5年を超える生存率は60%で、約40%の人が生命を落としています。


大腿骨頸部骨折後の生存率は約50パーセントなので、実際5割の人が生命をなくしているということになります。大腿骨頸部を骨折すると、最初の半年間の生存率の低下が急で、骨折後1年以内に亡くなる人が1割程となります。


骨折だけではないですが、骨量が少ないということは、それだけで死亡率の高さにつながります。骨量の多い女性から少ない女性までを4等分して死亡率を比べると、骨量の少ない人の死亡率がとても高くなります。


骨量の少ない人は多い人に比べて約3.5倍なくなりやすく、心臓と血管の病気では骨量の少ない人は多い人に比べて、4.5倍もなくなりやすいというデータがあります。


年を重ねると骨の溶解量が増え骨粗鬆症となります。この場合溶解した骨のカルシウムが血管へと直接移動し、そのカルシウムが動脈に沈着してしまうというわけではありませんが血管を構成する平滑筋細胞が、骨をつくる細胞である骨芽細胞様の性格を有するようになるといわれています。


こうした症状が動脈硬化の原因となり、動脈硬化が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞などの心臓血管系の病気が引き起こされます。骨血管相関と呼ばれますが、骨と血管間では、密接な相関関係を持っています。


骨粗鬆症で骨量の少ない人は心疾患などの病気にかかる確率が高くなり、それらによる要介護や寝たきりになる危険も高くなります。心臓血管系の病気による死亡率もやはり高くなります。


心臓血管系の病気にかかるリスクを減らすためにも、骨粗鬆症の予防や治療が大切になります。食事や運動、生活環境に注意することで、骨量が減るのを食い止めたり骨折を避けたりすることが可能です。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!