スポンサードリンク

食道静脈瘤の原因と症状について


食道静脈瘤は、慢性肝炎や肝硬変などになり、門脈圧が上がる事から、食道の粘膜下層の静脈が太くなり、悪化してくると破裂などの症状を起こす疾患です。


静脈瘤が破裂すると、下血や吐血などの症状を起こします。食道静脈瘤ができても、それ自体は、特に痛みなどのハッキリとした症状はなく、ある日突然に吐血などの症状を起こすことから気付きます。


食道静脈瘤になり、拡大した血管の膨らみは、表面が極度に薄くなっているため、魚の骨などの硬い食べ物で傷が入ったり、きつい咳をしたりして腹圧がかかってくると食道静脈瘤が破裂したりします。


静脈瘤が破れると、大出血を起こします。多量の吐血をすることから、ショック症となり生命のリスクにさらさられます。静脈瘤が破裂して出血したら早急に入院をして手当てを受ける必要があります。


静脈瘤そのものには特に症状はないですが、静脈瘤を起こす病気である肝硬変の症状には注意が必要です。手のひらが赤くなる、胸のあたりに血管が浮き出る、疲労感、倦怠感、黄疸などです。


肝硬変へと病気が進行している場合、大抵、食道静脈瘤を起こしている場合が多いようです。肝硬変でなくなる人のおよそ40パーセントが静脈瘤の破裂が原因とされています。


不快な症状など特に無いために、静脈瘤になっていても不注意になりがちですが、定期的な検査を行うことで、状態をチェックをする必要があります。現在、肝硬を持っている人は、まずは肝臓のケアを行うことが大切です。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!