スポンサードリンク

白内障を起こす原因と症状について


白内障は、特に加齢などが原因で起こりやすくなる目の疾患です。水晶体が次第に白く濁ってくる疾患です。加齢ともに起こるものが広く知られていますが、その他に糖尿病が原因で白内障になるもの、外傷が原因で起こるものなど幾種類かがあります。


老人性白内障は、加齢から起こるものですが、最も多く見られるもので、白内障というと一般的に老人性白内障とされています。加齢とともに紫外線の照射なども大きな要因です。


先天性白内障は、生まれ持って、白内障としての疾患を持っているものです。先天性のものは遺伝や感染などが原因とされています。


但し視力の機能が問題となるケースは、数としては極わずかとされていて、トラブルのないものが多いとされています。視力に何らかのトラブルが発生している場合は、手術による処置がとられます。


併発白内障は、身体の疾患が原因で白内障を起こしているものです。ぶどう膜炎、網膜色素変性、強度近視などが原因となり、こうした病気が一緒になって水晶体が白くにごってきます。


身体全体に広がる疾患を持った白内障は、他の全身に起こる病気に従って発症する白内障です。糖尿病やアトピー性皮膚炎、副甲状腺機能低下症、他の病気と合併して発症することがあります。


白内障に一度罹ってしまうと、原因となる身体の病気が改善されても、白内障自体は改善しない為、視力に何らかのトラブルを起こしている場合は、手術による治療が必要になってきます。


薬物性白内障は、薬剤の中のある成分が原因となって白内障を起こしてしまうものです。ステロイドホルモンの使用から起こるものが最も多いようですが、その他に、向精神薬、縮瞳薬の使用で白内障を起こすケースもあります。


外傷性白内障は、外部からの何らかの刺激から水晶体が濁ってしまうものです。例えば。何かが目に接触したり、つついたり、打撃を与えることで、水晶体が白く濁るようになり白内障を起こします。


その他に、強烈な紫外線や放射線、赤外線による刺激や、感電などが原因となって水晶体が白く濁り白内障をおこすケースもあります。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!