スポンサードリンク

糖尿病の初期症状と合併症


糖尿病は食の欧米化などを原因に発症します。糖尿病の症状は気づかないうちに進行していきます。糖尿病での初期症状に気づくことなく長いこと放置をしておくと、やがて重篤なともなう合併症へつながっていきます。


糖尿病は、初期の段階で適切な治療を受けると同時に早めの生活改善が行うことが極めて大切になります。合併症を避けるうえでも糖尿病の初期症状を知って適切な対処を取るようにしましょう。


糖尿病はサイレントキラーといわれるように目だった初期症状はありません。糖尿病の人でハッキリとした症状がでてきた場合は、かなり糖尿病の病状が進んでいることが考えられます。


なので糖尿病にならないように予防をするためにも過食や運動が不足していないかどうか日常生活を観察してみて、糖尿病のリスクがないように工夫する必要があります。


糖尿病の症状がすすんでくると自覚症状がでてきます。糖尿病が恐ろしいのは糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害といった合併症などがでてきます。


高血糖の状態が長くつづく程、上記のような合併症がでてくる可能性があるので、喉が渇く 尿の量が多くなる 尿に甘いに臭いがするようになる、疲労しやすい インポテンス、陰部の痒みがひどくなる 手足のしびれ 視力の低下 体重の減少や足がつるといった症状がでてきた時には糖尿病の検査を受けるようにしましょう。


喉が乾き、水を多くとるため、尿量が増加します。糖尿病に罹っている人は、インスリンというホルモンのでかたが不足しているかうまく働かないため、高血糖の状態が続きます。


身体は高血糖の状態が改善しようと多量の水を欲し下げようとします。多量の尿が出ます。血糖値が正常に戻らない限り、水分をとってもでる一方になります。


身体の疲れやすさや倦怠感、尿中には亜鉛やマグネシウムなど身体にとって大切なミネラルをすてていきます。脳に必要な血液の量が減少し、頭がぼんやりとし、思考能力が低下していきます。


食欲が異常に増えます。糖尿病の初期の頃では、一時的にインスリンが過剰にでてくる時がそれに従って、食欲が増していきます。


過剰な食欲の割には太ることなく逆に痩せていく人もいます。糖尿病の症状がひどくなってくるとブドウ糖の代わりとして、体内の脂肪を燃焼することになりそれに従って体重が急激に減少していきます。

 

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!