スポンサードリンク

肩こりの原因から解消法を考えよう


肩こりは、現代人であれば大なり小なり持っているものです。そして肩こりが起こるのには何らかの原因があります。


体質やその人の生活環境やライフスタイル、そして精神状態なども密接に関係している肩こりですが、自分の肩こりの原因を特定して、自分に合った効果的な方法をとることで解消することができます。


一般に肩こりの原因として長時間同姿勢で過ごすなどが上げられます。同姿勢を長く保つなどして筋肉を動かさないでいると、筋肉のポンプの働きが行われず、血液の流れが悪くなります。


筋肉の活動源は血液中の酸素や栄養素ですから、血行が悪いと筋肉内は酸欠、栄養不足になるとともに、乳酸などの疲労物質などが筋肉に蓄積してきます。

そして疲労物質が神経を刺激して、肩こりや肩の痛みを起こすようになります。


肩こりの症状がひどいと、どうしても身体を動かさなくなるので、その部分の筋肉はさらに緊張して収縮し、ますます血流が悪くなるという悪循環に陥ってしまい、やがて慢性的な肩こりへと進行します。


悪い姿勢も肩こりの大きな原因になります。

首は約6kgの重さのある頭を支えていますが、背筋がちゃんと伸びたよい姿勢なら、この重みを筋肉と背骨全体でバランスよく受け止めることができます。


しかし猫背やそっくり返った姿勢だと、そのバランスを崩してしまい、それだけ首や肩に余計な負担をかけます。


なで肩の人や首が細く長い人は、頭を支える筋肉が弱いことが多く、筋肉への負担が大きいため、肩こりの傾向があります。


最近多い肩こりを起こす原因がストレスです。人の体はストレスを感じると筋肉を緊張させ、毛細血管縮めます。


ストレスがあると血管を収縮させてしまうため、ストレスを受けると、体内の血液循環はかなり悪くなります。こうした血液循環が悪くなってしまうと肩こりを起こしてしまうということです。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!