スポンサードリンク

乱視の原因と治療について


乱視は、物が二重や三重となってダブって見える症状です。物がダブって見えるのは、水晶体や角膜の歪みが原因で光が網膜に移るからです。


乱視の種類には様々なものがあります。乱視の種類により治療法や対処法も変わってきます。


乱視は、角膜や水晶体のゆがみが原因で起こります。外から入ってくる光の屈折度に応じて焦点が違ってきて、網膜に映し出される像が一まとめにならないために乱視は起こります。


乱視になると近場の物や逆に遠くにあるものがぼやけて見えにくくなる症状となり、遠視や近視と違って常にピントの合う場所がないために目の疲労感が特に残るのが特徴です。


角膜や水晶体も体の他の部分と同じように新陳代謝をしていますのでどうしても歪みや凹凸は出てしまいます。多くの人は乱視になるということになるといえます。


但しこの場合多少の歪みは実は脳が自動的に修正をしてくれるので特に問題はありません。ゆがみの度合いがひどくなると修正が追いつけず映像がきちんと見えないということになってしまいます。


整乱視と不整乱視の二つに乱視は分けられていて、メガネやコンタクトでは矯正がうまくいかない場合もあるので問題です。


乱視がいろいろな原因が合わさって起こるとされています。乱視が起こる原因はハッキリとは特定できないようです。


先天的な要因で起こるものとしては、成長に従って目の屈折率の以上が現れるものがあり、後天的な要因としては、病気や事故など生活環境やライフスタイルの誤りなどがあります。


それでも、いくつか主な原因として一般的にいわれているのは、成長に伴い屈折率の異常が現われる先天性のもの、あるいは事故や病気などによっておこったり生活環境によって左右される後天性のものがあるとされています。


乱視で行われる治療では、めがねやコンタクトを使用した視力の矯正治療が一般的な方法です。眼科での診断をしてもらった後に、メガネやコンタクトの専門店で、目の症状に合ったものをつくってもらえます。


レーシック治療を利用する人が増えてきています。メガネやコンタクトの装着から開放されることができますが、治療院の選択は、シッカリと調べてから行うようにしましょう。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!