スポンサードリンク

胆のうポリープの原因と治療改善法


胆のうポリープは、胆嚢にできるポリープです。欧米化した食生活を背景にして日本でも増加している症状です。成人のおよそ10パーセントほどにポリープがあるようです。


胆のうにポリープができる原因は、脂肪分の摂取量の多さです。脂肪分の多い食べ物は、ポリープをつくるだけでなく、脂肪の消化を促進しようと胆のうが活発に働く為、胆汁を出そうとして、その結果、胆石などがある人には、かなり激しい痛みの症状がでてきます。


ポリープができていても胆のうは正常に働く為に、胆のうにポリープがあっても自覚症状が特になく、健康診断などで偶然に発見されるといった場合が多くあるようです。


注意をしなければならないのは、ポリープのサイズが10ミリを超える大きさまでなると、胆のうがんになったり、すでに胆のうポリープの一部ががん化していることもあるので手術による治療が必要なこともあります。


胆のうポリープができる人は、肥満と関係があるとされています。肥満解消には、高脂肪で糖分の多い欧米化した食事は控えるようにして、食生活の改善が必要です。食事は、低脂肪で野菜を豊富に含んだ伝統的な和食がベストです。


動物性脂肪の量を減らし、食用油の量も控えるようにして、料理をするときは油の量を極力少なくすることが大切です。


食事と運動は、生活習慣病に通じますがペアと考えましょう。運動をする時の注意点は、急な激しい運動は控えるべきでしょう。運動から胆石が動いていまい、発作を起こしてしまう可能性があります。


胆のうポリープやすでに胆石がある人は、胆のうをいたわるような生活習慣、ライフスタイルを送るようにすることが大切です。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!