スポンサードリンク

慢性膵炎の原因と症状について


慢性膵炎は、膵臓で長い期間にわたって何度も炎症を繰り返し起こすことから膵臓の細胞が壊れ、やがて膵臓の組織が繊維化し硬直していくことで、膵臓の組織全体から柔軟性を失われ、組織が硬くなっていく疾患です。


膵臓が硬直化していくことで、ミネラル分のカルシウムが溜まり、膵石症を起こすこともあります。また、慢性膵炎になる原因としては、男性と女性では異なります。


慢性膵炎になる原因のおよそ70パーセントがアルコールの飲用とされています。そして原因がハッキリとしないもの、胆石から起こるものとなっています。脂質異常症で、血中に脂質の量が多い人も慢性膵炎になりやすいとされています。


慢性膵炎の主な症状は腹部の痛みです。慢性膵炎の初期の段階では、痛みの症状よりもコリがあったり、張りを感じるといった症状が多く見られ、病気の進行に伴って腹部の痛みをハッキリと感じるようになります。


痛みは、前かがみでの姿勢で座ることで軽くなるのが慢性膵炎の特徴です。何か食べ物を口に入れると慢性膵炎の痛みは酷くなり、食べ物を口に入れないようにすると痛みは治まります。


その他の症状としては、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢や体重の減少などが見られます。


慢性膵炎で行われる治療は、膵外分泌機能を抑制するために飲食を絶つのが基本です。痛みが酷い場合は、鎮痛剤を処方する場合もあります。


食事が重要なポイントで、脂肪分の多い食べ物は極力避けるようにして、蛋白質を増やす食事が基本です。過食をすると腹部の痛みが生じるので、食べすぎには十分な注意が必要です。


脂肪分の少ない食べ物を良く噛んで食べることが大切で、規則正しく時間を守って、量を一定にすることも重要なポイントです。


塩分や酸味、また辛味のある食べ物など強い刺激のあるものは控えるようにします。蛋白質は植物性の蛋白質(大豆、穀物)などを主に摂るようにします。アルコール類は厳禁です。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!