スポンサードリンク

直腸がんの症状と治療について


直腸がんは、直腸にできる大腸がんの一つです。S状結腸がんと直腸がんの二つは、およそ大腸がんの60パーセントを占めいてます。直腸自体は大便が停滞してしまう箇所なので、その分がんの発生比率は高くなります。


直腸がんで注意すべき初期症状は肛門からの出血です。直腸がんの初期症状である肛門からの出血は、痔持ちの人に起こる出血と同じような出血があるので、自分でも自覚ができます。


肛門の出血は、直腸がんの症状の70パーセント程度見られ、血液と一緒に粘液の排出も起こるために、直腸がんの進行に伴ってくさい臭いを伴った排便があります。


初期の直腸がんでは、痛みの症状はあまりありませんが、がんが進行して直腸がんのサイズが次第に大きくなってくると、腹部の膨満や腹痛、または、肛門や臀部に放散していく痛みが起こってきます。


大腸がんの場合はその症状として何らかの便通異常が見られますが、直腸にがんが発生しても腸管の便通障害が発生するには、他の大腸がんよりかなりの時間がかかります。


直腸膨大部では、便通異常が起こりにくく、早期に症状があらわれにくいため、症状としてみられるときには、かなり進行がんになっている場合が大部分になります。


便通異常の症状が現れにくい直腸がんですが、がんの進行に伴って便が出てこない、便が細い、肺便後またすぐに行きたくなる、便秘がちになるなどの症状を示す便通異常や排便時の出血がみられるようになります。下腹部痛や肛門の奥のほうが痛いといった痛みを訴えることもあります。


直腸がんがあまり進行していないのに腸閉塞症を起こすこともあります。肛門などからの出血を頻繁に繰り返してしまうと、貧血の症状がひどくなり、めまいを起こすようになります。


直腸がんの治療では、かなり高い確率で、手術による治療が行われます。手術が必要な人にとっては、直腸のどの部位にがんができたのかということが特に重要になります。


欧米では、直腸の腹膜翻転部まで二つにわけて、上部直腸、中部直腸といいます。この部位にがんができた場合は、骨盤腔の側方にあるリンパ節に転移することはないようです。


その場合は、求心性といって、中央の腹部大動脈に向かう血管の分岐部のリンパ節に転移をします。


直腸がんで行われる手術は、直腸を含めて切除して、人工肛門をつくるのが一般的です。直腸がんはがんがどこに発生したかということが、手術をした後のクオリティオブライフの質や、予後を決定するうえで大きく関連しているようです。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!