スポンサードリンク

網膜剥離の症状 手術治療について


網膜剥離というとプロボクサーの引退を引導する、最悪失明を覚悟する目の病気ということを連想される人が多いと思います。


網膜剥離は、目の網膜が血管層から剥がれてしまう病気です。網膜剥離は発症の仕方によって、特発性に起こる網膜剥離と、外傷や糖尿病などの病気が原因となって起こるタイプの網膜剥離があります。


特発性に起こる網膜剥離については、早期に手術による治療を行う必要があります。特に急に視力が低下などの症状が見られる場合や視野が欠けるような症状が見られる場合、できるだけ早めに治療を行う必要があります。


網膜剥離は、初期の段階から何らかの視力の障害を自覚していることもありますが、急に視野の周辺が膜がかかったように暗くなったり、視野のなかで急に見えないところができたりします。


網膜の視細胞層が外側の色素細胞から離れてくるためで、網膜のどこかに穴ができ、そこから剥離が起こってくる場合がほとんどになります。 網膜剥離が発症しても痛みはありません。


多くのケースでは眼の前に小さな動く点が見えたり、ほんの一瞬の閃光が見える感じです。 カーテンやベールが視線を横切って閉じてられるように、視力が少しずつ消失していきます。


目の奥にある黄斑部が剥離症状を起こしてくると視力障害が急激に進み、視野の広い範囲がぼやける感じになります。


網膜剥離は、早急に眼科専門医に見てもらうようにして、安静にして、手術を行います。手術には、光で網膜を焼いて、剥がれた部分をつける光凝固、熱で凝固する方法、冷凍凝固などがあります。


手術を行う前や手術後には、一定期間にわたり安静が必要になります。網膜剥離を起こしたところは、治癒しても視力回復に時間がかかり、たとえ視力が回復しても元に戻ることはないのが普通です。


 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!