スポンサードリンク

過眠症の症状と治療 注意点など


過眠症は、昼間であっても眠くて眠くて我慢ができないといった症状です。過眠症は、睡眠障害の一つになります。睡眠障害というと眠れない症状を連想しますが、過眠症は全く反対の症状になります。


過眠症は以前は、眠り病と呼ばれてました。 過眠症の代表的な病気がナルコレプシーです。ナルコプシーは、つらい眠気が一日に何度も起こり、辛抱できずに眠ったり、商談中や普通であれば緊張状態を強いられる場面であっても眠ってしまう睡眠障害です。


過眠症の症状を持っていると、日常生活に様々な障害を起こしてしまいます。過眠症の診断をされている人は、事前に過眠症が起こる特徴を知って十分に対処する必要があります。


特徴を上げると、過眠症が起こる前には、疲労感、四肢に起こる重い感じであったり、目を開けれなくなったり、焦点がぼやけたり、首の筋力が低下して頭を支えることが難しくなります。 睡眠発作の症状は、ゆっくりと進行します。


過眠症の症状が起こりやすくなる状況を上げると、震動がある電車、温かい部屋、単調な講義など、一般の人でも眠くなるような場合では顕著に現れます。


過眠症の特徴である強い眠気は、普通、10〜15分ほど眠れば一応すっきるとしますが、眠くなったら耐えられないところが一般の居眠り症状とは大きく異なるところです。


過眠症で行われる治療では、眠気をストップさせる薬剤や幻覚を防ぐ抗うつ剤等の使用で次第に回復をしていきますが、日中に2時間毎に10〜20分ほどの仮眠をとり、適度な睡眠をとることができれば症状を緩和できます。


過眠症は、突然に眠気が襲ってくるため、ひどい事故を起こす可能性があります。過眠症を持っている人は、特に危険な場所や、車の運転などは、症状が回復するまでは控えるようにすることが大切です。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!