スポンサードリンク

白血病の症状と治療について


白血病の症状は、急性白血病と、慢性白血病で異なります。急性白血病の症状は、息切れや貧血を伴った症状、歯茎の出血、感染や発熱などがあり、それに従って顔色も悪くなります。


急性白血病の初期症状では、単に貧血だけということもあるので注意をしなければなりません。


それとは対照的に慢性的白血病の症状は特に自覚症状といったものがなく、気付きませんが、腹部やリンパなどの腫れが見られます。慢性白血病では、その大部分が慢性骨髄性白血病になります。


白血病全体では、3分の2が急性白血病が占めていて、慢性白血病3分の1です。児童の場合はその多くが急性白血病です。


白血病は血液の癌と呼ばれます。血液をつくる骨髄で、免疫細胞である白血球が急激に増殖してそのためにそのために造血する働きがうまくいかなたいめに起こる病気です。


最近では、細胞内感染が原因で白血病とされているケースもあることを指摘している医師もいます。


白血病が起こる原因はまだハッキリと解明されていませんが、放射線に長期間にわたってさらされているとその発症率も高くなり、マウスや鶏に起こる白血病ではウイルスが関係していたという報告もあります。


白血病は、原爆の被爆者の人に多く発症しています。また、仕事して放射線を扱う仕事に関係をしている技師や、放射腺治療を受けている人にも多く見られます。

 

スポンサードリンク
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!